パーキンソン病治療法開発に前進 ドパミン神経前駆細胞を高効率で濃縮―京都大iPS細胞研究所


2016/10/21 17:00 配信   | 業界ニュース

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は10月14日、ドパミン神経前駆細胞を高効率で濃縮する手法を開発したと発表した。CiRA臨床応用研究部門の佐俣文平特定研究員および髙橋淳教授らの研究グループが、株式会社カン研究所と行った共同研究による。

神経変性疾患のパーキンソン病の根本的な原因は、脳内のドパミン神経細胞が...[記事全文を表示する]

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 今なら抽選で、アルファプラの快眠枕をプレゼント!
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます