アルツハイマー病の原因、ミトコンドリアDNAを安定に保つことで抑制―九大


2016/12/05 17:00 配信   | 業界ニュース

九州大学は、11月30日、生体防御医学研究所の岡素雅子博士、中別府雄作教授らの研究グループが、ミトコンドリアDNAを安定に保つことでアルツハイマー病の原因が抑制されることを発見したと発表した。

これまでに、アルツハイマー病患者の脳では、神経細胞にアミロイドβが蓄積し、ミトコンドリア機能が低下するために...[記事全文を表示する]

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?