要介護度改善のみを評価尺度とすることに不快感 老施協が厚労省に意見提出


2016/12/07 15:30 配信   | 業界ニュース

「要介護度の改善」のみを評価尺度とした自立支援介護は、改善が難しい高齢者の受け入れを阻害する要因になりかねないとして、全国老人福祉施設協議会(老施協)は12月5日、「いわゆる『自立支援介護』について」と題した意見を塩崎厚生労働大臣に提出した。

2018年度の介護報酬改定に向けて、政府の未来投資会議など...[記事全文を表示する]

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?