ローズマリー由来の物質がアルツハイマー病を抑制―東京工科大


2016/12/16 12:00 配信   | 業界ニュース

ハーブのローズマリーにアルツハイマー病を抑制する効果があることが、東京工科大学応用生物学部の佐藤拓己教授らの研究チームによって発見された。

現在、アルツハイマー病の治療には「ドネペジル」や「メマンチン」などの薬剤が臨床応用されているが、アルツハイマー病の原因とされるアミロイドβの蓄積を抑制するこ...[記事全文を表示する]

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?