後期高齢者医療制度、システムの設計ミスで発足時から保険料を誤徴収―厚労省


2016/12/28 17:00 配信   | 行政ニュース

厚生労働省は12月27日、75歳以上の高齢者が加入する後期高齢者医療広域連合の電算処理システムにおいて、2008年の制度発足当時から、保険料の均等割部分の軽減判定が誤って行われ、一部の被保険者で本来納付すべき金額と異なる保険料が徴収されていたことを明らかにした。

同省はシステムミスを2011年から認識してい...[記事全文を表示する]

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?