歯周病とアルツハイマー病 症状悪化に関与する原因酵素を特定―九州大学


2017/06/30 09:00 配信   | 業界ニュース

九州大学大学院歯学研究院の研究グループは、6月22日、歯周病菌のアルツハイマー様病態誘発に関与する原因酵素を特定したと発表した。

近年、重度の歯周病の罹患と認知機能低下との相関性が報告され、歯周病原因菌のジンジバリス菌(Pg菌)の菌体成分リポ多糖 (LPS)がアルツハイマー病患者の脳内に検出されたことか...[記事全文を表示する]

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 介護報酬・診療報酬の改定を読み解くためのヒントをお届け
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます