特養の見守り機器の需要、トイレなどの「転倒検知」が最多


2018/01/11 16:30 配信   | 業界ニュース

入所者のベッドの周りに、離床や転落を防止するための「見守り機器」を設置している特別養護老人ホームが全体の8割超に上ることが、市場調査などを手掛ける「シード・プランニング」(東京都文京区)のアンケート調査の結果で分かった。現時点で機器を設置していないものの、今後の導入の必要性を強く感じる機器では、居...[記事全文を表示する]

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ご利用者様の重大事故防止のためご確認をお願い致します
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 知っておきたい高齢者の食事講座

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます