「介護の団体、今後もまとまって行動を」―全老健・東会長


2018/02/09 12:00 配信   | 業界ニュース

全国老人保健施設協会(全老健)は8日、2018年度介護報酬改定に関する記者会見を開いた。会見の席上、東憲太郎会長は、報酬全体の改定率が0.54%とプラス改定になった点について、介護関連の11の団体がまとまって署名活動に取り組んだことが功を奏したと指摘。「今後も介護の団体として団結し、まとまって動いていきたい...[記事全文を表示する]

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 一本でしっかり栄養補給!栄養補助飲料「クリミール」
  • 保険内でカバー、手頃な価格帯のドアも充実

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます