在宅療養が困難、家族と同居の7割は「要介護3以上」―日医総研


2018/02/16 17:00 配信   | 業界ニュース

家族と同居している人は、独居の人よりも重い要介護状態になるまで自宅で療養する傾向が強く、家族の介護負担の増加や介護者自身の病気など、世帯全体の生活が立ち行かなくなるまで続くケースもある―。こうした実態が、日本医師会総合政策研究機構(日医総研)の調査で浮かび上がった。自宅での療養が困難になった人のう...[記事全文を表示する]

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 介護報酬・診療報酬の改定を読み解くためのヒントをお届け
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます