サービス管理者責任者の配置で虚偽の申請、障害事業所を指定取消


2019/02/12 16:00 配信   | 行政ニュース

サービス管理責任者(サビ管)が常勤で働いていたと偽り運営を続けたとして鹿児島県は、NPO法人「ドリーム南さつま」(南さつま市)が運営する同名の事業所の指定を障害者自立支援法に基づき取り消した。取り消しは1月29日。取り消し対象となったサービスは、就労継続支援B型。

鹿児島県によると、「ドリーム南さつま...[記事全文を表示する]

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます