認定調査などでの自治体職員の“暴言”、3割余が「ある」


2019/04/22 16:30 配信   | 業界ニュース

ケアマネジャーの3割余りが、要介護認定などの際、自治体職員が利用者を傷つけたり、侮辱するような言葉を掛けたりしたことを見聞きしたことがあることが、ケアマネジメント・オンラインの緊急調査で分かった。

19日、埼玉県吉川市の中原恵人市長は、同市の職員が筋萎縮性側索硬化症(ALS)の男性に訪問調査を行った...[記事全文を表示する]

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 食事でお悩みのご利用者に。少量でしっかり栄養補給
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 尿臭、食べこぼしのシミ…介護のお洗濯の悩みを解決!
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます