Q&A

尿とりパッドの効果的な使い方は?

Answer

尿とりパッド交換頻度や尿量で、最適な尿とりパッドを選びます。

昼間頻繁に交換できる時は、安価で吸収量の少ない尿とりパッドでもよいでしょう。夜間は、介護する人もされる人もゆっくりおやすみになれるよう、「夜用」「長時間用」などのタイプを選ぶのがよいでしょう。状況に応じて使い分けることで、装着時の快適性の向上や、モレを防ぐことができます。

羽子板型やひょうたん型のように前後の大きさが異なるタイプの尿とりパッドを装着する場合、基本的にはパッドの幅が広い方をお尻の下にしますが、男性の場合は 、逆に幅の広い方を「前」にして、できれば男性性器を下向きにして使います。このように使うことで、男性の排尿時の方向性にも対応できます。

パンツ用の尿とりパッドは、動きやすいように股間の幅が狭く作られているものもあるので、幅の広めなテープ式用尿とりパッドと混同せず、おむつのタイプに合わせてきちんと使い分けましょう。

尿とりパッドを使用すれば、尿とりパッドだけの交換で済みますので、介護する方・される方、双方にとって肉体的負担や交換時間を減らせます。また、排尿のたびに外側のおむつを交換する必要性がないので経済的です。


尿とりパッドの上手な使い方



カテゴリーTOPへ戻る
ページトップへ
おむつ無料サンプルキャンペーン 今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。
ページトップへ
今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!大好評!おむつ無料サンプルキャンペーン
リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。 リリーフ製品情報 リリーフは、使いなれた下着の心地よさを感じていただけるように、日々の使いやすさを追求しています。