おむつ実践講座

ケアマネジャー様 インタビュー
Vol.11 超うす型お出かけパンツ編

※2012年4月に「うす型はつらつパンツ」は「はつらつパンツ 安心のうす型」に
製品名・パッケージをリニューアルしました。

訪問先ご紹介サンプルの使用感についてケアマネジャーの立場から

写真:ケアマネジャー様訪問先

「ケアセンターゆうゆう」(神奈川県川崎市)
居宅介護支援事業所

ケアマネジャー:高道久美子さん
1998年、横浜市青葉区においてワーカーズ・コレクティブ※という形で末期がんや障害のある方の支援にかかわったことがきっかけで介護の道へ。その後、2000年の介護保険制度導入の際に、ヘルパーの資格を取得。2009年にケアマネジャー資格を取得し、同年7月より現在の職場へ勤務。現在34件のケアプランを担当している。新しいおむつが発売されると、40度のお湯をかけて20分後どのように変化するかを実験してみるとのこと。その中でおむつの特性を見て、ご利用者様に提案している。
※ワーカーズ・コレクティブ……働く者同士が共同出資して、それぞれが事業主として対等に働く労働者協同組合

写真:相模ゴム工業株式会社 介護サービス課

ケアセンターゆうゆう

住所:川崎市宮前区有馬6-6-27 川野レジデンス104
事業所種別:居宅介護支援事業所
開設時期:2006年2月
利用者数:65人
スタッフ数:3名(所長、ケアマネジャー2名)
併設サービス:居宅介護支援事業、訪問介護事業

事業所について

「ケアセンターゆうゆう」は、川崎市宮前区をエリアとし、居宅介護支援事業と訪問介護事業を行なっています。 宮前区は古くから県営団地や市営団地が多く、新設当時に入居された世帯では子どもたちが独立し、独居や老老介護、認認介護のご利用者様が非常に増えています。一方で、戸建て住宅の多いエリアでは2世代・3世代同居の世帯が多く、ご自分の両親や義理の両親を介護しているという方もかなりいらっしゃいます。

写真:きらめいと新松戸当事業所は連携する訪問介護事業所やデイサービス、ショートステイ事業所からご利用者様についての情報を常に的確にフィードバックしていただいており、ご利用者様宅をモニタリング訪問する際の大きな助けになっています。

地域包括支援センターとの連携もスムーズで、分からないことがあるとすぐに行政につないでくださいます。施設や病院から自宅へ戻られる方のプランの依頼も多く、周囲の協力のおかげで、私たちはきめ細やかなケアができる環境をいただいていると常に実感しています。

ページ 1 2 3
おむつ無料サンプルキャンペーン 今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。
今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!大好評!おむつ無料サンプルキャンペーン
リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。 リリーフ製品情報 リリーフは、使いなれた下着の心地よさを感じていただけるように、日々の使いやすさを追求しています。