特集

排泄ケアクイズ

解答と解説

PDF 印刷用クイズ解答と解説(PDF)

問題1:トイレに時々間に合わないことがあるので、テープ式おむつを使っている。

NO:吸水ナプキンか下着感覚で使えるパンツタイプをおすすめします。

基本的にはトイレで排泄することができるが、時々間に合わないことがあるという方には、 下着に貼り付けて使う吸水ナプキンや下着感覚で使える超うす型のパンツタイプをおすすめします。

ご利用者様の尊厳をまもり、快適でいつもの生活が続けられるような排泄ケア品を選びましょう。またご利用者様の自尊心を傷つけずに、さりげなくおすすめする方法など事業所内で話し合ってみるのもよいでしょう。

ご利用者様の腕や指先の動きに問題がないかという点も、吸水ナプキンにするかパンツタイプにするかのひとつの目安になります。

問題2:おむつからのモレがあるので、尿とりパッドを2枚重ねて使っている。

NO:尿とりパッドの重ね使いはしない

尿とりパッドの重ね使いはしない

おむつからのモレがあるからといって尿とりパッドを重ねても意味がありません。重ねることでかえって、体とおむつの間にすき間ができ、もれの原因になります。

また、尿とりパッドの外側のシートは防水シートになっているので、重ねても上の尿とりパッドから、下の尿とりパッドに尿は浸み込みません。

尿とりパッドが2枚汚れれば、それだけ無駄になってしまいます。
排尿記録をつけ、ご利用者様に最適な尿とりパッドを選び、1枚で使いましょう。

問題3:夜間は、高吸収の尿とりパッドを1枚で使用し、朝までおむつ交換はしない。

YES:夜間は高吸収の尿とりパッドを使いできるだけおむつ交換はしない。 昼寝をすると、ますます夜の寝つきが悪くなる

高齢者の場合は、抗利尿ホルモンの分泌が低下することにより、夜間の尿量が増加する傾向があります。腎機能が低下しているために頻尿になることもあります。また、お薬の中には利尿作用を促すものもあります。

水分摂取は重要ですが、おやすみになる直前の水分摂取は避け、食事の時などに十分に取るようにしましょう。夜間は、高吸収の尿とりパッドを使用し、朝までしっかりとおやすみになることをおすすめします。

そのためにも、夜間だけでも数日、排尿記録をつけ最適なおむつや尿とりパッドを選ぶことをおすすめします。

夜間のおむつ交換は、ご利用者様にとっても介護するご家族にとっても睡眠が中断され、身体的な負担が大きくなります。また、ご利用者様の昼夜逆転を引き起こす原因にもなりますので、できるだけ夜間のおむつ交換は行わないようにしましょう。

問題4:フラットタイプのおむつは、幅が広いので尿モレ防止の効果が高い。

NO:フラットタイプおむつは、おむつカバーと一緒に使用するものです。尿モレを防止するため
の立体ギャザーがないため、モレ防止の効果は高くはありません。

幅が広く、長さもあり低価格のフラットタイプのおむつは、尿とりパッドの代わりにと使用する方も少なくありません。しかし、フラットタイプのおむつを尿とりパッドと同じように使用することは、おすすめしません。

なぜなら、立体ギャザータイプのテープ式おむつの中に使用すると、フラットタイプの幅が広いために立体ギャザーの中に納まらず、立体ギャザーを潰してしまい、尿モレの原因となってしまうからです。

フラットタイプおむつ

フラットタイプおむつは、陰部洗浄の時などにお使いになるとよいでしょう。おむつ助成制度が現物支給で行なわれている場合などは、枚数だけでなく性能も考慮して製品を選ぶようにアドバイスしましょう。

問題5:もったいないので尿とりパッドを半分に切って使っている。

NO:尿とりパッドを半分に切ってはいけません。

尿とりパッドの中には吸収素材として、パルプや高分子吸収体(ポリマー)が使用されています。高分子吸収体(ポリマー)は、尿を含む前は、さらさらした粉末状の物質ですが、尿を含むとその50倍にも膨らみます。

尿とりパッドを半分に切ったり、切り込みを入れたりすると、切り口から高分子吸収体(ポリマー)がこぼれて、おむつ交換の時に周りに散らばったり、お肌についてしまったりします。

問題6:おむつからのモレ防止のため男性の場合は、尿とりパッドで性器を巻くのが良い。

NO:高齢者の場合は、特に尿とりパッドで性器を巻くことはおすすめしません。

尿とりパッド

男性の場合は、尿とりパッドで性器を巻くのが当たり前と思っている方はいらっしゃいませんか?

男性の場合は、性器に方向性があり、寝返りを打ったり、就寝時の体の動きによってモレることが多くあります。特に高齢の男性の場合は、性器が巻いた尿とりパッドから外れてしまうことがあります。また、ご利用者様自身も巻かれることは、非常に不快に感じています。

男性の場合は、前後で幅の違う尿とりパッドを選びます。幅の広い方を性器側にして、性器を下向きにしてあてます。その時に立体ギャザーをしっかりと立ち上げ、性器はその中に納まるようにして、脚のつけ根に沿うようにあてます。

問題7:パンツタイプは、ウエストサイズにピッタリのものを選ぶ。

YES:パンツタイプはウエストサイズで選びます。

パンツタイプは、ご利用者様のウエストサイズで選びます。高齢の方は、ゆとりのあるものを好みますが、パンツタイプのおむつは体に最適なサイズを選ばないと、モレの原因になります。

また、体型によっては、ウエストはちょうど良いが、脚まわりだけが緩いというご利用者様もいるかもしれません。その時は、中に尿とりパッドを入れることで股間へのフィット感を調整できることもあります。

ウエストや脚まわりにゴム跡が赤くつくようでしたら、大き目のサイズを選ぶことをおすすめします。

問題8:外側のおむつに通気性があれば、内側の尿とりパッドには通気性は必要ない。

NO:お肌のことを考えると、外側のおむつも内側の尿とりパッドも通気性のあるものを選びましょう。

おむつの中の環境を整えることは、肌のトラブル予防にもつながります。外側のおむつはもちろんですが、肌に直接触れる尿とりパッドこそ、通気性のあるものを選びましょう。

尿とりパッドの中でも、特に尿吸収量の少ないタイプには、通気性のない製品もあります。おむつの中の環境を考え、ご利用者様が快適にお過ごしいただくためにも通気性のある製品を選びましょう。

問題9:テープ式おむつの脚まわりからモレるので、尿とりパッドをはさみ込んでいる。

NO:バックシート(防水シート)のある尿とりパッドは挟み込まない。

おむつからのモレがあるからといって、脚まわりにバックシート(防水シート)のある尿とりパッドなどを挟み込むと、かえって尿が流れる道を作ってしまい、モレの原因になってしまいます。

ギャザータイプのテープ式おむつは、モレ防止の立体ギャザーをしっかり立て、脚のつけ根に沿わせてあて、脚まわりからのモレを防ぎます。また下のテープの止め方をしっかり脚まわりにフィットさせることで、モレを防止することができます。

麻痺や拘縮があったり、脚が細い場合は、ギャザー自体が水分を吸収するタイプのテープ式おむつを使うと、さらに脚まわりからのモレが防げます。

リリーフ 股モレ安心テープ式

問題10:経済性を考えると外側のおむつが汚れなければ、何日も使用できる。

NO:汚れていなくても、衛生面から1日に1枚は交換します。

外側のおむつが汚れないからといって、何日も使うことは、衛生面から考えておすすめしません。下着と同じように毎日交換していただくことをおすすめします。

尿とりパッドを一緒に使っているのであれば、おむつ交換の最後は、尿とりパッドを使わずに外側のおむつを汚して、捨てるという方法もあります。

ご利用者様の排泄記録をつけて、最適でムダのない経済的なおむつの使い方を考えましょう。

あなたは何問正解できましたか?

  • 全問正解の方
    おめでとうございます!全問正解したあなたは、大変な勉強家です。ぜひその知識をご利用者様のために活かしてください。事業所のみなさんにも勉強した内容を教えてあげてください。
  • 6~9問正解の方
    全問正解まであと少しでしたね! ぜひ、間違えてしまった点を確認して、日々の業務に活かしてみてください。
  • 3~5問正解の方
    残念でした。まだ勉強途中のようですね。解説ページをよくご覧になり、排泄ケアの周辺情報にも気を配りましょう。
  • 0~2問正解の方
    大変残念でした。ぜひ、おむつ基礎講座から一度お読みください。日々の業務の中で、ご利用者様やご家族をサポートできる情報となっています。

今回は、「おむつの選び方・使い方」についてのクイズでした。ケアマネジャーさんへのインタビューでも、担当のご利用者様の約半数が排泄ケア用品を既にお使いになっているようです。

排泄のお世話は、ご家族の方にとって精神的・肉体的・経済的負担が大きいものです。
上手に排泄ケア用品を選び、少しでもご家族の負担が軽くなることを考えながらケアプランに生かすことが、ご利用者様やそのご家族から信頼される「できるケアマネジャー」としての腕の見せどころです。

カテゴリーTOPへ戻る
おむつ無料サンプルキャンペーン 今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。
今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!大好評!おむつ無料サンプルキャンペーン
リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。 リリーフ製品情報 リリーフは、使いなれた下着の心地よさを感じていただけるように、日々の使いやすさを追求しています。