特集

大人用おむつの開発ストーリー

佐野義人さん 花王株式会社
ヒューマンヘルスケア事業ユニット サニタリー事業グループ
ウェルネス  開発マネージャー 佐野義人 氏
リリーフ開発までのストーリー
1979年、花王が「おむつ」などの吸収性製品群の中で最初発売したのが女性向け製品の「ロリエ」です。ロリエは、国内で初めて「高分子吸収体」を採用し話題となりました。この技術を用いて、ベビー用おむつ市場に進出し、1983年に「メリーズ」を発売しました。メリーズの特徴は「全面通気性シート」で、こちらも全国初の試みでした。80年代後半から高齢者問題が顕在化し、花王でも「高分子吸収体」「全面通気性シート」などこれまでに培った技術を元に高齢者向け製品を開発することになり、1990年に高齢者向けに軽失禁用パット「リリーフパット(当時の名称で、現在はリリーフガード)」を発売するに至りました。その後、介護保険の創設などもあり、拡大する高齢者市場と共に大人用おむつ「リリーフ」シリーズもバリエーションが増え、現在では16タイプとなっています。


リリーフシリーズ
リリーフの開発理念
人物 「おむつ」の前提条件は各社共通ですが、「漏らさない」ことです。この大前提を踏まえ、いかに付加価値をつけるかになるのですが、花王が求める付加価値は「やさしい」と「やわらかい」の2つです。


「やさしい」とは……?
介護される側、介護する側の両方に「やさしい」という意味です。
物理的には「やわらかい」と「しめらない」を指し、科学的にはポリマーを使用して「サラサラにして肌がふやけない」、「通気性を高める」「抗菌消臭」などの機能性を製品に付加することを指します。
「リリーフ」は、【漏れ】【かぶれ】【ムレ】【ニオイ】という悩みの解決のお手伝いと、使い慣れた「自分の下着」と感じていただけるよう、肌になじむやわらかさとはき心地、長時間つけていても負担にならないやさしさを追求しています。
リリーフの付加価値
「リリーフ」の優位性は、「やさしい」「やわらかさ」といった製品自体の付加価値と、高齢者ユーザー向け排泄ケア総合相談窓口「ふれあいダイヤル」を設置している点です。
われわれがどれだけ良いと考える製品を開発しても、ユーザーさんが正しく使用していただかない限り、ただの独り善がりになってしまいます。そこで花王は製品のクオリティを高めるほかに、ユーザーさんの現状を把握し、適切な情報提供を行うことで、ソフト・ハード一体型のサービスを提供しています。「ふれあいダイヤル」にご相談いただいたユーザーさんのお声は、直ちに開発チームにフィードバックされ、製品の開発に役立てています。
「リリーフ」ユーザーさん・介護者の方々へお伝えしたいメッセージ

「リリーフのよさをお分りいただいて感謝のみ!」です。
平身低頭でお礼申し上げたいと思います。



「リリーフ」は必ずしも安価とはいえませんが、その中で利用していただいているということは、その価値を「リリーフ」に感じていただいていることだと理解しています。
ユーザーさんから、「ずっとリリーフを使っています」「こんなおむつを待っていました」というハガキをいただくことがあるのですが、こうした声は開発陣にとって、とても大きな励みとなります。今後も皆様のご期待を裏切らないように、意欲的に開発に取り組んでいきますので、よろしくお願い致します。
カテゴリーTOPへ戻る
おむつ無料サンプルキャンペーン 今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。
今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!大好評!おむつ無料サンプルキャンペーン
リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。 リリーフ製品情報 リリーフは、使いなれた下着の心地よさを感じていただけるように、日々の使いやすさを追求しています。