ケアマネジメント・オンラ
イン 介護支援専門員サイト

ログイン

一覧

ケアマネ美容講座(1)
女子ケアマネの肌を紫外線から守りたい!

2019/08/14 配信

ケアマネ美容講座

女子ケアマネの皆様、お疲れ様です!
ついに夏本番がやってきましたね。この容赦ない日差しの中、自転車などでご利用者様のお宅を訪問しておられると思うと、頭の下がる思いです。

そんなケアマネさんたちの肌の健康を守るために、スキンケアや美容に関する知識をお届けします。今回は夏の紫外線によるお肌への影響とその対策について解説します。

「お肌の老化」の約80%は紫外線が原因!

ケアマネさんは職業柄、「老化」と向き合うことが多いと思いますが、「光老化」という言葉をご存知ですか?

光老化とは、日光を長年浴び続けることによって引き起こされる肌の変化(シミ、シワ、たるみなど)のことです。「お肌の老化」の2割は加齢によるもので、8割は紫外線の暴露による光老化によるものと言われています。

紫外線にはビタミンDを作り出して骨を健康にするという良い効果もありますが、美容面から言えばなるべく浴びたくないものです。一度浴びてしまった紫外線による細胞やDNAへの作用は後から止めることが難しいので、いかに紫外線を防御するかにかかっています!

紫外線からお肌を防御するための正しい方法

では、紫外線からお肌を守るためにはどうしたらいいのでしょうか。大きく5つの方法があります。対策できているようで、実は不十分なケースもありますので、これを機会に見直してみてください。

(1)紫外線の強い時間帯を避ける

紫外線は「太陽が最も高くなるとき」(南中時)に最も強くなります。例えば今年の8月では東京は11:45前後、福岡は12:23前後、札幌は11:40前後になります(全国各地の南中時はここから調べられます)。

とはいえ、お仕事ですから「昼間は外に出たくない」なんてことはできませんよね。紫外線が強い時間帯に外に出るということを意識して、下記の紫外線ケアをしてください。

(2)日傘や帽子で直射日光を遮る

太陽から直接届く紫外線から肌を守るのに、日傘や帽子は有効です。日傘は紫外線を吸収してくれる色の黒いもので、かさの深いものを頭上近くにさすのがベストです。また、帽子はつばが7cm以上ある広いものを選びましょう。

(3)全方向から来る紫外線を衣服でカット

実は紫外線は、あらゆる方向からお肌を狙ってきます。太陽からの直射光だけでなく、空気中の塵や埃などに散乱されて届く散乱光、地表から反射される反射光があります。

そのため、日傘や帽子だけでなく、衣服での対策も重要です。襟付きの長袖シャツなど、身体をしっかり覆ってくれる服がおすすめです。紫外線対策としては濃い色で目が詰まっている生地の服がベターですが、通気性や吸収性が悪い可能性もありますので、着心地が良いものを選べばOKです。

(4)サングラスで眼を守る

紫外線は眼にも悪い影響を及ぼします。紫外線角膜炎(いわゆる雪目)や翼状片(白目が黒目に入り込む病気)、白内障の発症に関係していると言われています。

サングラスや紫外線カットの眼鏡・コンタクトレンズを使うことで、眼に入る紫外線量を大きく減らすことができます。散乱光や反射光を避けるためにも、なるべく顔にフィットした形状を選ぶと良いでしょう。

なお、色の濃いサングラス(+紫外線カットが不十分なレンズ)を使うと、瞳孔が開きがちになり、かえって紫外線が眼に入りやすくなりますので注意してください。

(5)日焼け止めは塗る量と頻度に気を付けて

紫外線対策として日焼け止めを塗っている人が多いと思いますが、気を付けたいのは「塗る量」と「塗る頻度」です。

日焼け止めのパッケージに使い方が書いてありますが、その規定量はいつもの乳液などよりかなり多いです。もしかすると十分な量が塗れていないかもしれません。液状の日焼け止めを顔に塗るなら、1円玉2個分が適切です。腕や足などには容器から直接肌に、直線を描くように付けてから、手のひらでムラなく伸ばすようにします。

また、いったん塗った日焼け止めは、服などに擦れて取れたり、汗をかいてタオルなどで拭った際に落ちたりしてしまいます。落ちたと思ったらその都度塗り直すか、2~3時間ごとに塗り直しをするように習慣化しましょう。

また、日焼け止めにプラスして、UVカット効果のあるメーキャップ化粧品を使うことも効果的ですよ。

このような紫外線対策をして、いつも若々しくて信頼感のあるケアマネさんでいてもらえればと思います。次回は、夏の頭皮蒸れ対策についてご紹介します。

(ケアマネ専属美容ライター 松田コタロウ)

<参考文献>
環境庁. 紫外線環境保健マニュアル2008(2008年6月改訂版)
日本美容皮膚科学会(監). 美容皮膚科学, 第2版, 南山堂

記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 事務作業の負担軽減のために開発した業務支援システムです
  • 動いたあとのエネルギー・たんぱく質補給に!おやつがわりにも
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 医療連携、高齢者に多い疾患、住宅改修等を掘り下げます

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

お知らせ