ケアマネジメント・オンラ
イン 介護支援専門員サイト

ログイン

一覧

ケアマネ美容講座(3)
ケアマネにありがち!「うっかり日焼け」の美白ケア

2019/08/30 配信

ケアマネ美容講座

女子ケアマネの皆様、お疲れ様です!
8月の猛暑と比較すると少しは過ごしやすくなったような気もしますが、まだまだ暑いですね。

先日、紫外線対策頭の蒸れ対策の美容記事を配信しました。日焼け止めを塗って帽子をかぶり、頭皮ムレの対策もバッチリ!……でも現実は、自動車の運転でうっかり半分だけ日焼けしてしまったり、庭や畑で利用者さんとの話が始まって頭からこんがり焼けちゃったり……(^^;)

そこで今回は、夏の紫外線による肌ダメージを秋に持ち込まないための美白ケアについて解説します。

日焼けをシミにしないためには?

夏のうっかり日焼けをシミにしないためには、肌を健康な状態に保つことが一番です!皮膚がターンオーバー(新陳代謝)することで、紫外線により増えたメラニンを排出することができます。

紫外線は皮膚の内側まで透過して、細胞にダメージを与えます。そのため肌は黒いメラニン色素を作り出し、紫外線をブロックすることで体内の細胞を守ろうとします。これが日焼けのメカニズムです。

ケアマネ美容講座

このメラニン色素は、表皮の一番下の層(基底層)にいるメラノサイト(色素形成細胞)が作り出します。紫外線によって作られる活性酸素も、メラニン産生を促進する方向に働きます。

一度作られたメラニン色素は、表皮のターンオーバーによって古い肌と一緒に排出されます。そうすると元の肌色に戻ります。逆に、ターンオーバーがうまくいかずにメラニンがたまってしまうと、その部分がシミとなって残ることになります。

つまり、日焼け後にシミを作らないためには、まず肌を健康な状態に保ってしっかりターンオーバーをさせることが大事なのです。そのためにも、肌を乾燥させないよう毎日の保湿ケアをしっかり行いましょう。もちろん、紫外線に当たっている間はメラニンがどんどん作られてしまうので、少し涼しくなってきても日中の紫外線対策は継続してくださいね!

美白化粧品に期待できること、できないこと

では、皮膚のターンオーバーを促すにはどうしたらいいのでしょうか?

20代なら28日くらいで表皮がターンオーバーすると言われています(女子ケアマネの皆様はもう少し時間がかかってしまうかもしれません…)。古い表皮をはがすためにピーリング成分の入った化粧品や美容パックを使いたくなるかもしれませんが、これで刺激を与えてしまうと、皮膚が不健康な状態(炎症)になり、むしろシミができやすくなりかねません。特に日焼けした直後で肌が不安定なときは、ピリピリを感じる化粧品は控えましょう。

また、美白化粧品を使えばターンオーバーを促せるかもと考える方もいらっしゃるかもしれません。確かにメラニン排出を促す成分を配合したものもありますが、多くの美白化粧品はどちらかというと「メラニンを作り出さない」作用を持つものが多いです。

主な美白化粧品の成分
メラニンを作り出す指令を止める カモミラET、m-トラネキサム酸など
メラニンを作り出す酵素(チロシナーゼ)の働きを抑える アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、4MSKなど
チロシナーゼを作らせない、分解する マグノリグナン、リノール酸Sなど
メラニンを還元する ビタミンC誘導体
メラニンの排出を促す エナジーシグナルAMP、リノール酸S、レチノール

美白化粧品は「できてしまったメラニンを消す」のではなく、「新しくメラニンを作り出しにくくなる」作用があるものと捉えた方がいいですよ。

うっかり日焼けの対策まとめ

日に焼けた肌を元に戻すには、紫外線対策や美白化粧品で新たにメラニンが作られないようにしつつ、皮膚の健康を維持して、できてしまったメラニンをきちんと排出することです。

皮膚の健康を維持する方法としては、いつも皆様が利用者さんに言っている(?)ことを実践すればいいのです。すなわち、バランスの良い食事(特にタンパク質)と質の良い睡眠をきちんと取って、なるべくストレスをためないようにすることです。

また、皮膚に必要以上の刺激を与えないことも大事です。洗顔のし過ぎや刺激の強い化粧品の使用などは、かえって逆効果になりかねません。皮膚を健康に保つには、保湿ケアがとても大事です。保湿された皮膚は外部からの刺激を受けにくくなります。蒸し暑い夏は保湿をサボりがちですが、エアコンの効いた屋内は想像以上に乾燥していますからね。

これらに気を付けて、自然のターンオーバーでメラニンが排出されるまで待ちましょう。それまでは美白ファンデーション(メイクアップ効果により肌を白く見せる)などを活用するといいですね。

(ケアマネ専属美容ライター 松田コタロウ)

<参考文献>
日本化粧品検定協会. 日本化粧品検定2級・3級対策テキスト(コスメの教科書 第2版), 主婦の友社

記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 転倒と骨折を防ぐための対策をケアマネに語ってもらいました!
  • 食事でお悩みのご利用者に。少量でしっかり栄養補給
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

お知らせ