ケアマネジメント・オンラ
イン 介護支援専門員サイト

ログイン

小濱道博の介護経営よもやま話 小濱道博の介護経営よもやま話

VOL.8コロナで新局面、今こそケアマネのあり方を問い直せ!

2020/04/30 配信

4.ケアマネジメントをめぐる議論

ケアマネジメントに関しては、老健審で論議が紛糾したものの、下部組織の分科会で最終的に意見がまとまる。

要介護認定とケアプラン作成は分けて考えることになり、要介護認定は保険給付が適切かどうかを決めるもの、一方のケアプランは、専門家のチームが高齢者・家族の相談に応じた上で、ケアの方針や内容を決め、介護サービスの提供につなぐものとして整理された。

また、措置制度の時代とは異なり、ケアプラン作成は、あくまで利用者からの依頼を基本とし、作成を請け負うケアマネジメント機関も、利用者の判断で選択できるとしたほか、本人または家族の参画を原則とし、ケアを担う保健・医療・福祉の担当者からなるチームによって行われるとした。

さらに、市町村の保健・福祉施策や非営利組織との連携、地域の社会資源の幅広い活用が望まれるとした。

5.老人保健福祉審議会の最終報告

要介護認定やケアマネジメントの具体的な制度設計は、老健審ではなく、学識経験者による「高齢者ケア支援体制に関する基礎調査研究会」という別の組織で主に行われた。

そして、老健審は1996年1月、「新たな高齢者介護制度について(第2次報告)」を公表。その中では、要介護認定とケアプラン作成を区分する考え方が改めて示され、ケアプラン作成を担う「ケアマネジメントサービス」については、在宅サービスの介護給付の対象とすることが明記された。

高齢者介護保険制度の創設について(1996年4月22日老健審最終報告。以下、抜粋)
① 基本的考え方
高齢者が自らの意思に基づいて、利用するサービスを選択し、決定することを基本とし、それに対して、保健・医療・福祉の専門家が連携して身近な地域で支援する仕組み(ケアマネジメント)を確立することが重要である。 ② ケアプランの作成
高齢者の依頼に基づき、ケアプラン作成機関の介護支援担当者(ケアマネジャー)を中心に、専門家チームが、高齢者や家族の相談に応じ、そのニーズを把握した上でケアプランを作成し、実際のサービス利用につなぐものとする。

6.介護保険法の成立・施行

介護保険法案は、1996年11月29日に始まる第139回臨時国会に提出される。同年12月13日の衆院本会議で法案の趣旨説明、同17日の衆院厚生労働委員会で提案理由の説明が行われたが、会期が20日間と短かったため継続審議となり、本格的な審議は、翌年1月の第140回通常国会に持ち越された。

法案は最終的に、1997年12月9日の衆院本会議で可決、成立し、翌年4月の医療保険福祉審議会介護給付費部会で、介護報酬に関する具体的な検討が始まった。その後、「凍結案」や「延期論」が台頭し、黄色信号がともる時期もあったが、市町村の反発などの紆余曲折を経て、法律は2000年4月に施行された。

7.介護支援専門員に関する省令

法律の施行に先立つ1998年4月10日、旧厚生省は「介護支援専門員に関する省令」を公布し、介護支援専門員実務研修受講試験の対象となる資格を明らかにする。

新制度を円滑にスタートさせるためには、短期間で4万人のケアマネジャーを育成する必要があり、当初は、“質より量”の資格付与となったことは否めない。また国の方針に対して、「受験資格で間口を広げすぎだ」との批判があったことも事実だ。

創設時の議論では、「今回は間口を広げるが、やがて5年、10年先に必ず見直しの時期が来るし、オーバーサプライ(※編注 過剰供給)になる可能性がある。コンペティション(事業者間の競争)がある。淘汰が行われる。そしてその中で、あるべき姿、あるべき教育、あるべき資格が議論されていく」として、最終的に合意に至った経緯がある。

だが、あれから20年以上の歳月が流れている。新型コロナウイルスの感染拡大が広がり、日本社会が新たな局面を迎える中、今まさに、ケアマネジャーのあり方を問い直す時期に来ているのではないだろうか。

※参考文献
「介護保険制度史―基本構想から法施行まで―」(介護保険制度史研究会著、東洋経済新報社)

  • 1
  • 2

小濱道博(こはま・みちひろ)

小濱道博(こはま・みちひろ)
小濱介護経営事務所代表。北海道札幌市出身。全国で介護事業の経営支援、コンプライアンス支援を手掛ける。介護経営セミナーの講師実績は、北海道から沖縄まで全国で年間250件以上。個別相談、個別指導も全国で実施。全国の介護保険課、介護関連の各協会、社会福祉協議会、介護労働安定センター等主催の講演会での講師実績も多数。C-MAS介護事業経営研究会・最高顧問、CS-SR一般社団法人医療介護経営研究会専務理事なども兼ねる。

記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 動いたあとのエネルギー・たんぱく質補給に!おやつがわりにも
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 事務作業の負担軽減のために開発した業務支援システムです
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 医療連携、高齢者に多い疾患、住宅改修等を掘り下げます

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

お知らせ