栄養ケアに役立つ!介護食情報栄養ケアに役立つ!介護食情報

ちゃんとご飯、食べられていますか?「クリミール」ちゃんとご飯、食べられていますか?「クリミール」

「エンジョイクリミールFiber」3つのポイント

「クリミールFiber+」

糖質の消化吸収に配慮した糖質調整栄養補助飲料
「エンジョイクリミールFiber

少量でもしっかりと栄養補給できる飲料「エンジョイクリミール」のエネルギー量(200kcal)やたんぱく質量(7.5g)※はそのままに、糖質、食物繊維、そして脂質にこだわった「エンジョイクリミールFiber」が誕生! それぞれの秘密を、3つの視点から解説します。

※1パック125ml中

「エンジョイクリミールFiber+」の基本情報はこちら

ポイント1糖質と食物繊維の「量」だけでなく「質」にも配慮

「エンジョイクリミール」と比べて、21%の糖質カット※を実現しました。単に糖質量を減らしただけではありません。一般的な糖質と比べて消化吸収が緩やかとされるパラチノースや高分岐デキストリンを配合しています。また、小腸において糖の吸収を穏やかにする働きのある水溶性食物繊維を6.0g配合しています。「糖尿病診療ガイドライン2019(日本糖尿病学会)」では、1日に20g以上の食物繊維を摂取することが推奨されており、その3分の1近くを「エンジョイクリミールFiber」1パックで補うことが可能です。

※1パック125ml中

エンジョイクリミール エンジョイクリミールFiber
炭水化物 29.3g 27.1g
└糖質 26.8g 21.1g クリミールの21%OFF
└食物繊維 2.5g 6.0g
ポイント2こだわり尽くした良質の脂質を配合

脂質の「質」にもこだわりました。「エンジョイクリミールFiber」に含まれる脂質の45%を占めるのが、MCT(中鎖脂肪酸)。消化吸収に優れ、素早くエネルギーとして分解・活用できるため、体脂肪として蓄積されにくいのが特徴です。さらに、必須脂肪酸であるEPAとDHAも配合。魚に多く含まれるEPA、DHAは炎症や中性脂肪の低下作用が知られています。魚の摂取量は年々低下傾向にあり、意識して摂取したい栄養素です。

「クリミールFiber+」
ポイント3腸内環境にもうれしい「+α」が!

腸内フローラのバランスの乱れが引き金となり、腸管バリア機能が壊れ、腸内細菌やその成分が血中に移行することがインスリン抵抗性増大の原因となると言われています。そのような事態を予防・改善するために重要とされるのが、腸内環境を整えること。食物繊維やオリゴ糖は、腸内細菌のエサとなり、いわゆる善玉菌であるビフィズス菌を増やすなど腸内フローラのバランスを整えます。「エンジョイクリミールFiber」は、腸内細菌のエサになりやすい食物繊維であるイヌリンビフィズス菌増殖因子であるラクチュロース(オリゴ糖)を含んでおり、お腹の調子をサポートします。

「クリミールFiber+」

コーヒー味といちご味の2種類があり、おいしく手軽に飲める「エンジョイクリミールFiber」。しっかりと栄養補給しながらも糖質の消化吸収に配慮したい利用者さんに、ぜひお試しいただきたい栄養補助飲料です。

「クリミールFiber+」

「クリミール」TOPへ戻る