栄養ケアに役立つ!介護食情報栄養ケアに役立つ!介護食情報

炭酸飲料へのとろみ付け方法

炭酸飲料へのとろみ付け方法

飲み物によって、とろみ付けがうまくいかないとお悩みではありませんか?例えば炭酸飲料は、通常のやり方では攪拌中に炭酸が抜けてしまい、気の抜けたコーラやサイダーになってしまいます。

そこで今回は、「つるりんこPowerful」を使った、炭酸感を残しながら炭酸飲料にとろみを付ける方法をご紹介します。炭酸飲料が好きなご利用者に、ぜひおすすめください。

炭酸飲料へのとろみ付けレシピ

準備するもの
  • 炭酸飲料350mlペットボトル 1 本
  • つるりんこ Powerful2gスティック × 2本(計4g)
  1. 炭酸飲料(350ml)に つるりんこ Powerful 2本(4g)を一気に入れ、すぐにキャップをして、以下の3つの手順でしっかりと振ってください。
    • シェイク1 混合
      ペットボトルのくびれ部分を持ち、ペットボトル先端が弧を描くように10回程度回してください。
      シェイク1 混合
    • シェイク2 溶解
      10秒程度、垂直方向に強く振り続けてください。
      シェイク2 溶解
    • シェイク3 脱気
      ペットボトルのキャップ部分を持ち、半円様に15秒程度振ってください。
      シェイク3 脱気
  2. 冷蔵庫で一晩静置し、ふきこぼれないよう少しずつ炭酸を逃がしながらキャップをあけてください。
    冷蔵庫で一晩静置し、ふきこぼれないよう少しずつ炭酸を逃がしながらキャップをあけてください。

動画で作り方をチェック

作り方のコツ
  • つるりんこ Powerful を加える際は、薬包紙などに一度あけてから、一気に入れてください。
    つるりんこ Powerful を加える際は、薬包紙などに一度あけてから、一気に入れてください。
  • つるりんこ Powerful を加えたら、速やかにキャップを閉めて強く振ってください。(振りが弱いとダマができやすくなります)
注意事項
  • 必ず「シェイク3:脱気(泡抜き)」を行い、しっかりと冷やしてください。脱気が不十分な場合や、冷却時間が短い(振った直後にペットボトルのキャップを開けるなど)と中の液体があふれ出す可能性があります。
  • 作り方によっては、ダマが生じることがあります。ダマがある場合は取り除いて使用してください。
  • とろみ付き炭酸飲料の開封後に全量使用しない場合には、直ちに冷蔵庫に保管し、できるだけ早く使用してください。
  • 飲む方(のえん下機能)によって、適切なとろみの強さが異なります。飲む前に必ずとろみの状態を確認してください。
  • 炭酸飲料・とろみ調整食品の種類によってレシピ(作り方)が異なりますのでご注意ください。
  • 「つるりんこPowerful」のご紹介

    つるりんこPowerful

    おいしさそのまま、少量加えるだけで手間をかけずに簡単にとろみを付けられるとろみ調整食品です 。
    無味無臭で、飲み物本来の色や香りを楽しめるのでおすすめです!

    「つるりんこ」シリーズのご紹介

「介護お役立ち情報」TOPへ戻る