ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

Care Cafe ケアカフェみなさんで自由に意見交換!

トピックスを投稿する

「その他」の投稿一覧

  • 介護タクシーについて その2
    maksim(回答数:3 閲覧数:172) 前述のコメントでふと思い出しました! 2〜3年前くらいでしょうか、ある介護タクシー事業所を利用しました。 通常の通院介助ですが、要介護5の車椅子全介助の利用者だったので、身体介護での算定をしたように記憶してます。 利用して何ヶ月か経った後、利用者の家族から「料金を全く請求されないんだけど、幾ら払えばいいのかしら?」という内容でした。 その事業所の責任者に問い合わせると、「我々の団体は福祉関係の団体でそこから助成金(?)補助金(?)の交付を受けているから、利用者からの1割は徴収しなくていいのです」という返答でした。 H15年の改正直後で、当時は介護タクシーの知識が殆どなかった事もあり、不審に思いながらも「そういうものなのか?」と思い、そのままにしてしまいました。 これはやはり、間違っていたんでしょうかねェ… ちなみに、その事業所とは、今では付き合いはありませんが、運営は継続されているようです。。。 ...
  • 介護タクシーの料金について
    maksim(回答数:3 閲覧数:236) 介護タクシーサービスについて御存知の方、教えてもらいたいことがあるのですが…。 以前から、ある他事業所の介護タクシーを利用位置付けた計画を作成していました。 通院時の乗降介助なので、いわゆる100単位のサービスのヤツです。 その事業所が、10月になって、利用料金の引き上げを説明されました。 説明を聞いたのですが、よく分かりづらく、その事業所の説明は「タクシー業務遂行の上で、運輸省(確か今は国土交通省だと思うのですが?)関係の届出を行なったので、これまでの介保での100単位+利用者さんからは、距離に応じた料金を頂くことになった」とかいう内容でした。 ウチの地域は都市部なので、平均乗車時間は、大体10〜15分程度です。空いていれば、10分足らずでHpへ着きます。 10月からは、通常の介保での100単位+別途300円を徴収される事になり、10分ごとにメーター加算されることになりました。 これが正当な徴収なのかどうか、私には分かりませんが、利用者や家族への説明の際、やや不信感を買っているようです。 介保でのタクシー乗降サービスは、厚生労働省と国土交通省が複雑に絡み合い、パッと読んだだけでは理解に苦しみます。 このテの情報に詳しい方、教えてもらえないでしょうか? ...
  • 入浴介助について
    名無しさん(回答数:1 閲覧数:313) 今回、入浴介助を依頼されたのですが、透析を行っているで入浴時の留意点等を主治医から情報を聞き取りたいのですが、その時に用いる情報提供書等で良い様式はありませんでしょうか? ...
  • 通所リハと通所介護の違い?
    地方の一ケアマネ(回答数:3 閲覧数:269) 実態としての通所リハと通所介護の違いがわかりません。 地方特有の事情かもしれません、職員配置・料金等違いますが、実態としては同じ、に見えて仕方ありません。利用者も家族も職員さえも「デイ」という言葉でひとくくり。みなさんのところではどうなんでしょう? ...
  • 情報公開の項目について
    1人ケアマネ(回答数:2 閲覧数:70) みなさん、はじめまして。 情報公開の項目に、 「利用者及びその家族の希望を把握する仕組みがある」 確認のための材料として 「アセスメントシートから利用者及びその家族が行いたいこと、好きなこと等の希望を抽出し、記載できる様式がある」 とあるのですが、こんな様式があれば教えていただきたいのですが、 よろしくお願いします。 ...
  • 要介護1と要支援2の割合が3:7に疑問。
    悩むケアマネ(回答数:1 閲覧数:249) 先日介護認定審査会の現任研修に参加をしてきましたが、そこで問題となっていたのは、要介護1と要支援2の割合についてでした。国としては要支援2を7割・要介護1を3割と打ち出していたのですが、逆転傾向にあることが問題定義されていました。現場で私も認定が下りて来た方を見ると認定に疑問を感じる方がいるのですが、介護認定審査員の立場から考えると、要介護1と要支援2を分ける基準があまりにも制限されており、国としては給付を抑えようとしているのがあからさまで、認定審査会の中では、中平公立の立場で審査するべきなのですが、その方がもし要支援2になった時の生活を考えて要介護1としていると発表する審査員も出てきて、正直認定審査会の中でも、戸惑いがきているような状況でした。私たちとしては何を基準にするのか再度考え直す必要があるのではないかと強く言いたい。認定を受ける側としては、認定が重く出てもらいたい(軽くなりたくない)という心理が根強く残っているので、調査にきた人にはオーバーに言ってある方も多いと思う。ようするに本当の状態というのは掴みにくい。その中で、認定審査員が、安易にその方の生活状況をイメージして、介護認定をすることはどうなのか。私は中平公立を貫くように考えています。担当しているケアマネが下りて来た認定結果をみて、疑問に思えば、情報開示をして確認をしてもらいたい。それで、区分変更申請をしてもらいたい。皆さんは国が示している7:3についてどう考えてありますか。また、認定結果についてどう感じていますか。 ...
  • 記録の保管方法について。
    GU(回答数:3 閲覧数:182) 突然ですが、皆さんの事業所では、サービスの利用が終了(死亡・施設入所)された利用者さんの、利用表や計画等印鑑頂いた書類に関して、どのようにされているのですか?破棄しているのか?保管しているのか?教えてください。確かサービスの終了後2年間は保管しておかなければならないと覚えておりますが、間違いでしょうか?あまりの量にどうしたらよいものか困っております。 ...
  • 居宅支援の管理者
    西尾(回答数:46 閲覧数:279) 皆さんご存知の方も多いと思われますが、4月改正より居宅支援の管理者もケアマネでないといけないようになりました。  これは、居宅支援を知るものが管理も行うべきという考えに基づいて改正されたものです。又、居宅支援を充実させる為に行われているものだと思っていました。  しかし、抜け穴があったのです。管理者兼務介護支援専門員です。  俗に言う1人ケアプランです。通常、管理者兼ケアマネの場合、もう1人ケアマネが居て事務員が居るという形が良いのですが、この場合、管理者兼ケアマネと事務員でよいのです。  つまり、ケアマネが管理者の業務を行うと言う事は、業務の増大に変わりありません。確かに、従来ある事業所は採算の問題で辛いかも分かりませんが、居宅支援の充実に反するこの制度は禁止されるべきだと思います。  皆さんはどう思われますか? ...
  • 厳しい審査に困っています!(´へ`)
    名無しさん(回答数:4 閲覧数:83) 愚痴になってしまいますが…。 新しくサービスを利用する時に、とても審査が厳しい施設があって困っています。長期入所やデイケアを利用する時に、診療情報提供書はともかく、胸部レントゲン写真、血液検査データ等々が必要です。既往歴や内服薬を施設側に報告すると「この薬は何のために飲んでいるのか?」「(脳梗塞の方に)梗塞が発症したのはどの部位か?」と細かいところまで聞かれます。施設の相談員を通して聞かれるのですが、相談員は「先生(施設長)が言っているので…」と言うばかり…。先生様に聞かれて、確認するのはやはり主治医の先生様。時には怒られることもあります。利用者さまの入所やデイ利用が円滑にできるためには仕方ないと思いながらも、この厳しい審査が本当に必要なのかと疑問を感じずにはいられません。 皆さんのところではどうでしょうか?施設入所やデイ利用前の審査が厳しいところはないですか? ...
  • パソコン不足…
    名無しさん(回答数:4 閲覧数:27) 居宅ケアマネです。支援経過・評価・サービス計画書作成とすべてパソコンで作成しています。ケアマネ5人、パソコンは3台。毎回パソコンの争奪戦になってしまいます!勤務時間帯をずらす?出勤日をずらす?等と事業所内で検討しているのですが、よい案が浮かばず困っています。皆さんの事業所で工夫されていることがあれば、ぜひ教えてください! ...
  1. 前へ
  2. 1
  3. 156
  4. 157
  5. 158
  6. 164
  7. 次へ

トピックスを投稿する

ケアカフェTOPへ戻る

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ