ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

Care Cafe ケアカフェみなさんで自由に意見交換!

投稿・コメントでポイントがもらえる!キャンペーン詳細を見る

試練ですね。(10)

はじめまして。ここに書き込んでいい内容かどうか迷いましたが、吐き出せばまた次に向かえるかと思ったので、書かせていただきます。
私は今年から居宅介護支援事業所を立ち上げて、まだケアプランも一件という新人ケアマネです。
今日の夕方、「介護保険のことで相談がある」という電話を受け、対応しました。内容は、閉じこもりがちで認知症も進んできた母親に関する相談・・・。内容まで説明する事はできませんが、私なりに一生懸命対応したつもりでした。
しかし、やはり未熟さゆえ、上手に説明する事ができず、「あなた、何にもご存じないのね!!」というお言葉・・・。制度の説明をしても「自立を支援するのがケアマネでしょう。制度うんぬんは後からついてくるものでしょう!」・・・現在、住所地である遠方の他県に担当のケアマネさんがいるらしく、「そこのケアマネさんはよくわかってらっしゃったのに」等々・・。かなりキツイお言葉のラッシュでした・・・。
電話を置いた後は、しばらく涙が止まりませんでした。
まだケアプランも一件なので、空いた時間に机上での勉強はしているものの、やはり実際に現場に出てみないとわからないことも多く・・・現在の一件のケアプランにものすごくやりがいを感じていただけに、頭を金づちで殴られたような気分でした。
周りに相談できる先輩も同僚もおらず、これからのことを思うと少々臆病になります。
ずっと看護師で働いてきて、感謝される事に慣れてしまっていたのかもしれませんね。きっとこんな事は、経験を積まれたケアマネさんなら、取るに足らない悩みかもしれません。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
明日からまた、勉強の日々です。

続きを読むには会員登録(ログイン) が必要です。

初めての方は新規会員登録

レスを投稿する

ケアカフェTOPへ戻る

ケアカフェTOPへ戻る

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ