ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

Care Cafe ケアカフェみなさんで自由に意見交換!

投稿・コメントでポイントがもらえる!キャンペーン詳細を見る

100点の対応は難しいから、力を抜いて仕事をしてほしい。(レス数:14件)

  • Facebookでシェア ツイート LINEで送る

4人体制の居宅支援事業所で、部下についての相談。
新人1年目で、もう少しで満1年。医療施設の介護現場で10年以上勤め、初めて在宅での仕事。在宅は右も左もわからない状態でケアマネスタートしました。
大変まじめに取り組み、日常会話も自ら行うことも少なく、黙々と業務をされます。職員間で冗談話しモードになっても、積極的にかたってくることはないですが、話を振ると冗談も言われます。(コミュニケーションはとっています)
その1年目の部下、ケアマネ業務として利用者家族、事業所等より相談を受けた時に、ある程度の業務を行うことは出来るようになりました。しかし、経験ない小さい壁にぶつかると、一人の世界に入ってしまい、行きつくところは私(管理者)への相談。相談内容としては、部下の判断でも対応出来そうな内容。よってティーチングではなく、コーチングを行いますが、悩んでいる表情は続いている。見かねて、対応策をいうと表情が晴れる。
という出来事が最近続いています。話をしていくと、確実な結果、100点を求めるために悩んでいるようです。悪いことではないですが、悩む時間が長いため、最初の一歩が遅く、結果として後手に回ることも増えてきました。
100点を目指す悩み事は悪くないけれど、1歩目の対応が遅いことは、結果として実務に支障があることもあり、力を抜いて、まずは1歩を。を伝えていますが、まじめな性格なので実行できないようです。そのため表情が曇ったまま。見ていて辛いですし、「そろそろ相談が来るな」ということも表情でわかります。
私への相談が多く、それ以外への相談は少ないですが、時々しているようです。
皆さまでしたら、その方にどのようなアドバイスをされますか?
また、私に対してのアドバイスをいただけるようでしたら、よろしくお願いいたします。

続きを読むには会員登録(ログイン) が必要です。

初めての方は新規会員登録

レスを投稿する

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 次へ

ケアカフェTOPへ戻る

ケアカフェTOPへ戻る

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ

ケアマネジメント・オンライン(CMO)とは

全国の現職ケアマネジャーの約半数が登録する、日本最大級のケアマネジャー向け専門情報サイトです。

ケアマネジメント・オンラインの特長

「介護保険最新情報」や「アセスメントシート」「重要事項説明書」など、ケアマネジャーの業務に直結した情報やツール、マニュアルなどを無料で提供しています。また、ケアマネジャーに関連するニュース記事や特集記事も無料で配信中。登録者同士が交流できる「掲示板」機能も充実。さらに介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)の過去問題と解答、解説も掲載しています。