ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

介護アンケート

3割のCMO会員が「検査で指導が入った」と回答!

今回は5月に実施したワンクリックアンケートより、4回分の結果とコメントを紹介します。
3問はケアマネジャー業務の代表的な業務である、給付管理・サービス調整・利用者支援の、全業務の中での割合を聞いた結果を公開します。利用者支援が多いのは、事前に予想した結果でしたが、給付管理に割く割合は低く、意外な結果となりました。

そしてもう1問は、誰もが聞きたい「指導検査とその内容」についての調査です。3割の人が、実際に指導を受けたことがあると回答し、そのコメントも掲載しています。
指導検査は、指導するほうも目を皿のようにしてミスを粗探しするイメージがあり(失礼!)、逆にまだ指導検査が入ったことのない回答者も、「いつ来るか」とビクビクしている様子がうかがえます。

ワンクリックアンケートでは毎回、コメントをいただいた方の中から抽選で100ポイントをプレゼントしています。今回は3人の方がゲットしました! ポイントゲッターには印がついています。

仕事のなかで給付管理に費やされる割合はどのくらい?

「1~2割程度」と回答した人が74%と最多でした。「3~4割程度」は9%、「5割程度」の人が2%、「それ以上(5割以上)」の人もわずか(1%)ですが、いました。「給付管理はしていない」人は14%でした。

7割強のケアマネジャーさんが「給付管理は業務の1~2割」と回答。これは、日程的に集中するが、比較的短時間で終わる、というコメントが多いことからもうかがえます。ほとんどの事業所が、請求業務ソフトなどを利用しているため、「1日」どころか「数分で終わる」という人も。OA化万歳!です。

一方、業務全体の3割以上を給付管理に費やしている人の中には、「何度も見直す慎重派」や「手作業」の人も。そんな人もいるかと思えば、「給付管理は専門の事務員が行う」という恵まれた職場の人も。ところ変われば給付管理の優先順位も変わってくる、というわけです。

1~2割程度――7割以上がこのゾーンに

介護保険請求業務が分かる優秀な事務員さんがいたら、もっと短縮できると思うのですが。(大阪府 40代 女性)

普段はあまり時間はかからないです。しかし、4月はソフトの不具合のせいで3倍近く労力がかかりました。(高知県 40代 女性)

大事な仕事なのはわかっていますが、面倒くさい!返戻や月半ばの介護度や保険者変更なんかあると割合はもっと増えます…。(埼玉県 40代 女性)

対人援助は効率化できない分、効率化出来るところはトコトン効率化しています。(大阪府 30代 男性)

人数が少ないので。(広島県 40代 男性)

実績入力は、事務員さんが担当になってからは、助かります。(広島県 40代 女性)

実績がすべて届いた時点で一気に入力し請求するので、そんなに時間はかかりません。(兵庫県 40代 女性)

実際は、1割にも満たないです。(大阪府 40代 女性)

自施設の他事業所の手伝いも含めると、2~3割くらいになります。(東京都 30代 男性)

今月は改正等もあり時間がかかりましたが通常は半日~1日程度。(静岡県 40代 女性)

今までは2割り程度の時間で対応できていたが、今回の改訂で修正する部分が多くあったので、今回だけは割合が増えている。(岡山県 30代 女性)

月末月始に短期集中。使用しているソフト(ほのぼの)がまずまず使いやすいと思います。(大阪府 40代 女性)

給付管理に費やす時間は、23日出勤した内の3日位ですが、時間数にすると8時間位ですね。(静岡県 40代 女性)

給付管理に関しては、半日から長くても1日あれば処理できます。(熊本県 40代 男性)

給付管理そのものの時間は「そのとき」だけですから。(長野県 50代 男性)

期間限定の最優先業務。(愛知県 50代 女性)

確認事項を精査することに時間を要するが、それ以外はパソコンでクリックするのみ。(北海道 50代 女性)

一番は、支援経過、アセスメント入力です。(茨城県 60代 女性)

やはり相談援助、訪問にほとんどの時間を費やしています。(大阪府 50代 女性)

ひとりケアマネ。まだお客様が14と少ないので給付管理は余裕といいながら返礼が初めてあり、ショック~。(神奈川県 30代 女性)

そんなに費やす時間があったら外に出かけたら。(岐阜県 60代 女性)

ソフトのおかげか30件程度で事業所からの実績がそろって1日あればできます。(和歌山県 60代 女性)

ソフトがあるので、そんなに時間はかかりません。(茨城県 30代 女性)

2~3時間でできますよ。(北海道 40代 女性)

1割も満たない。数分あれば出来ること。(熊本県 60代 男性)

1ヶ月で2日間ほど。書類さえ整えば1日でも終われるときがある。(静岡県 40代 女性)

3~4割程度――約1割のケアマネはこれだけかかる!

時間がかかりすぎなのかな。(兵庫県 40代 女性)

月初めから伝送までの間は、ケアマネ業務に集中できません。(鹿児島県 30代 男性)

何度も見直し慎重にしています。(兵庫県 40代 女性)

ほとんど手作業(PCは請求業務のみ)なので、いろいろ時間がかかります。(沖縄県 50代 女性)

なるべく訪問・調整を多くしています。(千葉県 40代 男性)

5割程度――これでは利用者支援に費やす時間が…

給付管理を一人でしているので大変です。(兵庫県 40代 女性)

給付管理はしていない――給付管理を行う人は別!

ケアマネ10人に事務員2人で請求等一切関わったことがありません。一人35人位担当しています。(岩手県 60代 女性)

グループホームシルバーのケアマネですが給付管理専属のパート職員がしています。(滋賀県 60代 女性)

仕事のなかでサービス調整に費やす割合はどれくらい?

「1~2割程度」という人が36%、「3~4割程度」が最も多く41%、「5割以上」も19%いました。一方で「サービス調整はしていない」人も5%いるという結果となりました。
「サービス調整はしていない」のは、施設やグループホームのケアマネジャーさんでしょうか。

ボリュームゾーンは1~4割に集中しており、8割近い人が「仕事の中でサービス調整に費やすのは1~4割」という結果に。時間がかかるのは新規のご利用者のサービス開始までで、あとは変更や日にちの振り替えなど、ご利用者によってかかる負担が異なるようです。

入退院が続くと、どうしても調整に時間がとられるため、サービス調整に費やす時間は、状況によっても変化する部分かもしれません。

1~2割程度――3割強のケアマネはこのゾーン

もち件数にもよりますが、現在のところ1から2割程度です。(北海道 50代 女性)

利用者・状況によってさまざま。1割以下の人や5割以上の人もいます。(静岡県 40代 女性)

正直いうと、一割も無いかもしれません。(北海道 30代 男性)

施設勤務。サービス調整はする前に サービスが進んでいることもあり それはそれで悩み。(神奈川県 40代 女性)

予防の方の振り替え利用や、SS、モニタリングの際に提案したりすると、そのくらいは必ずある。かな。(埼玉県 30代 女性)

時間調整に手間取ることと、利用者家族と事業所の調整が困難。(サービス担当者会議に)1回も参加しない事業所もある。(兵庫県 60代 男性)

2~3割という選択肢が欲しい(笑  調整には神経使うので実際の割合以上に多く感じているかも。(大阪府 30代 男性)

その月によって割合は違うが、新規利用者が続いたり、状態が変わってサービスの大幅な見直しが必要な場合は、割合が増す。(兵庫県 40代 女性)

新規や変更、追加等の希望や必要性のある場合。(熊本県 40代 男性)

3~4割程度――最も多いゾーンはここ!

2から3割程度。(長崎県 40代 女性)

ショートステイ、訪問介護日時変更は頻繁です。(茨城県 40代 女性)

3割くらいでしょうか。状態の急変時には大変です。(大阪府 50代 女性)

月により変動する。介護度が変わった時は特に調整に難航する事がある。ショートの確保に難航する時もある。(大阪府 40代 女性)

特に初回サービス時に限定すれば比率はもっと高まる。(長野県 50代 男性)

サービス調整を記録に残していくのが、もっと大変。いくつものことが同時進行。(愛知県 50代 女性)

家族やサービス事業所との調整が多く、入退院が重なると割合が大きくなります。(岡山県 30代 女性)

ほぼこれです。(茨城県 30代 女性)

調整業務は仕事の中心的なものでしょう。(大阪府 50代 女性)

5割以上――2割のケアマネは四苦八苦

サービスを持たない居宅介護支援事業所ですので、連絡調整は重要です。(大阪府 40代 男性)

行政としてケアマネジメントを担当していますが、行政にまかせきりで協力してくださらないご家族もおられるので…。(岡山県 30代 女性)

情報作成に時間をとられてしまう。(北海道 40代 女性)

カンファレンス等開催しています。(兵庫県 40代 女性)

半分以上は調整に費やしています。(兵庫県 40代 女性)

フットワークは軽くです。(兵庫県 40代 女性)

仕事のなかで利用者支援(アセス、モニタリング等)に費やす割合は?

「1~2割程度」と回答した人は23%、「3~4割程度」が38%、「5割程度」の人は25%、「それ以上」は9%、「サービス調整はしていない」人は5%でした。

「3~4割程度」にピークがあり、前後(「1~2割程度」と「5割程度」)が2割強とほぼ同率という結果に。アセスメントやモニタリング、それ以外にも相談業務や入退院支援などは、ケアマネジャーならではの「特殊技能」と言っても過言ではないだけに、ここに力を入れているケアマネジャーは多いことがわかります。
今回、「1~2割」と回答した方からのコメントがつかなかったのは、もしかしたら「少なすぎる?」自覚があるのかもしれません。

対照的に、「5割程度」「それ以上」と回答した方は、ご利用者と真摯に向き合うあまり、他の業務に支障が出ていないか(残業が多すぎるなど)、ちょっと心配になってきます。

3~4割程度――これでも多いと思うか否か…

訪問調査や事務処理等が多く、利用者との話をゆっくり聞く事ができない事でモニタリングも困っている事を先に行う。(北海道 50代 男性)

訪問時しっかりと様子を見ています。(兵庫県 40代 女性)

書類が多すぎて、最近どんどんくわしく書くように指導され、作成に時間がかかりすぎると思う。(岡山県 40代 男性)

自宅訪問にて時間を費やしています。(兵庫県 40代 女性)

効率よく行いたいが、なかなかうまくいきません。(茨城県 30代 女性)

月によりますが…。(静岡県 40代 女性)

サービス調整や体調不良時の対応などに時間をとられます。(福岡県 60代 女性)

この辺をミスるとプランの全てがズレてくるので慎重に行っております。(大阪府 30代 男性)

5割程度――じっくりしっかりやってます

帳票類作成が一番時間がかかります。(茨城県 40代 女性)

自分を守るため。(福岡県 40代 女性)

やっぱりアセス、モニタリングが出来ないケアマネは良い支援が出来ているとは言えない!!!!!(青森県 30代 女性)

モニタリングや支援経過への記入等で半分以上の時間を費やしている。(滋賀県 40代 女性)

これが本業ですから。(長野県 50代 男性)

それ以上――訪問に時間がかかっている様子?

容態や生活のしかたが変わると、再アセスメント、カンファレンス、ケアプラン変更…と新規や更新等以外の方でも大変。(東京都 60代 女性)

訪問するのが基本でしょうね、そこで、アセス、モニタリング、だから、記録が間に合わない…。(神奈川県 50代 女性)

月1回の訪問時だけでなく、利用者や業者との電話などでの情報交換もアセスメントやモニタリングの範疇だと思っています。(大阪府 40代 女性)

くたびれます。(京都府 50代 男性)

指導検査で改善などの指導が入ったことがある?

「一時停止、指定取消などを過去に経験した」人は0%、「数回ある」と回答した人は10%、「一度ある」が20%、「一度もない」は49%、「まだ指導検査を受けた経験がない」人も20%いました。

幸いにも今回、「業務停止、指定取消などを過去に経験した」方はいませんでしたが、「数回ある」方は10%。コメントも寄せてくださり、貴重な経験をうかがい知ることができました。
そして、1度でも指導があった方からのコメント内容は、今後の指導に対応する心がまえとしても必見です。「なるほどこんな理由で」「これでは仕方がない」「まさかそんなことで…」など、さまざまな感想が飛び出してきそうです。

コメントのなかでももっとも多かった理由は「記録の不備」でした。さすがに調査するほうもシステマティックに検査していくなかから、重要な部分は見逃さないのはあっぱれです。

それにしても、一度でも指導された実績(?)が残ると、次回はより厳しくチェックする、というのが人情というものかもしれませんが、指導理由が「誤字」というのは気の毒すぎます。「字が汚い」なら主観的判断でNGな気がしますが、誤字は明らかなミスですものね。これがずっと汚点にならないことを祈ります。

数回ある――厳しい県が見えてくる…

介護保険施行直後に2年連続で。帳票類の細かいチェックを受けたが指導と一部減額ですみました。(大阪府 50代 男性)

過誤請求。(岡山県 40代 女性)

サービス事業者との利用者に対する連絡、報告の記録の不備。(三重県 50代 男性)

ケアプランの内容について。お客様のADL向上の為のリハビリを入れるようにと口頭で。後の文書での指導には記載はなかった。(岡山県 30代 女性)

1度ある――些細なミスも見逃さない!

利用票の日付。(大分県 30代 男性)

訪問介護の院内介助で指摘をうけた。同じ法人の訪問介護事業所は一部不適切な請求があると指摘され売りあげの一部を返還した。(愛知県 50代 女性)

不正をしたサービス事業者をケアプランに位置づけていたため、該当する利用者のケアプラン確認で入った。(東京都 40代 女性)

適正化のケアプランチェックで、アセスメントや3表の内容を詳しく書くように言われた(上から目線で)。(熊本県 40代 男性)

昔なので事業所が増えた時は全事業所でカンファするようにという内容だった。(新潟県 40代 女性)

職員の健康診断が行われていないこと。(和歌山県 40代 男性)

書類不備。(沖縄県 50代 女性)

住宅型有料老人ホーム併設の居宅事業所で、訪問介護の集中減算の解消を求められた。利用者様の利益に反すると説明。(福岡県 60代 女性)

個人情報の同意書に家族の署名・印鑑をもらう(他府県等、遠くに住んでいる方には郵送してでももらう)。(大阪府 30代 女性)

経過記録が簡単すぎた。(兵庫県 40代 女性)

記録の仕方 修正液は、使わないetc…。(宮崎県 40代 女性)

記録が不十分だった。(兵庫県 40代 女性)→同意見多数

介護支援専門員の身分証明書に顔写真を入れるように文書指導があった。義務規定はないのにもかかわらず。努力すると回答した。(長野県 50代 男性)

印鑑漏れですね。(北海道 40代 男性)

モリタリングでの訪問実施を行ったが、支援経過には記入していたがモリタリング用紙への記載もれあり減算。(福岡県 50代 女性)

モニタリング様式について「もっと詳しく」と言われた。既製のソフトの様式だったのだが。(茨城県 40代 女性)

モニタリング不足。(兵庫県 40代 女性)

ご利用者の人数超過。(長野県 40代 女性)

ケアプランの内容を具体的にと指導。(北海道 40代 男性)

ケアプランの誤字。(東京都 30代 女性)

一度もない――指導されないよう努力の日々…

大阪市に指導先が変わり、年々内容が変わっているように思います。8年前では運営規定やファイル確認を今は指名され閲覧されました。(大阪府 50代 女性)

自分が入る前に1度系列会社であったらしい。利用者から嫌味言われた。よその事業所なのに、私の入る前なのにと思った。(愛知県 50代 女性)

今のところ、まだ指導はないです。(茨城県 30代 女性)

県の実地指導。運営規定、契約書の「て、に、お、は」の注意くらいでした。(埼玉県 50代 女性)

県の指導のみで、保険者からはない。(鳥取県 40代 女性)

いつも神経質なくらい確認しながら日々の業務をこなしています。白髪が増えました。(愛知県 50代 女性)

2時間程度で終了。穏やかに行われました。(埼玉県 30代 男性)

まだ指導検査を受けた経験がない――いつ来るかと思うと…

独立型居宅介護支援事業所を立ち上げて、3年目。まだ指導検査はない。(神奈川県 50代 女性)

開業2年目です。いつ来るのかな?(青森県 40代 男性)

もう10年ケアマネをやってますが、指導をうけたことがありません。なのに主任ケアマネ… 甘いと自覚しています。

なぜか、まだないのです。却って不安です。(大阪府 40代 男性)

いつくるかとドキドキしています。(東京都 40代 女性)

6月1日に東京都の指導監査が来ます。(東京都 50代 男性)

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

介護アンケートの記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ