ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

介護アンケート

あなたはどんな人の支援が得意または苦手ですか?

今回は9月に実施したワンクリック・アンケートより、表裏一体をなす設問の集計結果と、皆さんからのコメントをお届けします。
設問は、一般にプラン作成が一筋縄ではいかない認知症や精神疾患、医療ニーズが高い人などのケースのケアマネジメントについて、どんな人の支援が得意か、あるいは苦手かについて投票していただきました。

設問自体はシンプルですが、選択肢はフクザツです。

支援するのが「得意」なのはどんな人?

「独居で認知症の人」と解答したケアマネジャーは32%と最多、次いで「医療ニーズが高い人」と解答した人が23%、「生活保護・経済困窮の人」が13%、「本人や家族が精神疾患の人」10%、「その他」22%という結果でした。

ケアマネジャーとしては、どんなケースでも対応できるだけの力を備えていなければなりませんが、得意・不得意なのは「敢えて言えば」どれですか? と、深層にある思いを少しだけ引き出そうというのが狙いでした。しかし、編集部の意図や選択肢があいまいだったため、設問自体を不快に感じられた方も多かったようです。「得意」という言葉が、ご利用者に対して使うことが不遜だったことに思い至り、反省し、お詫び申し上げます。

「以前担当したケースに類似のものがあった」等、経験上の引き出しが多いケースに対しては、ゼロから情報を集めるよりは時間が短縮できる、あるいは困難なほどやりがいを感じる――そんな、皆さんの経験を踏まえて、どんな人ならやりやすいかを問うた質問でした。

以下、皆さんからのコメントを紹介します。

独居で認知症の人

毎回同じ話を聞かされ、ハラハラドキドキさせられることもあり、やりがいを感じます。(埼玉県 女性)

色々な方との連携が必要。(兵庫県 女性)

実際にこのケースの支援が増えている為、対応の方法が多く考えられる。認知症独居の方は対応次第で生活落ち着きます。(東京都 女性)

ここに列挙されているのはソーシャルワーカーなら全部できて当たり前。(京都府 男性)

いろいろとお話をするうちにご本人の希望などを確認することができるため。(北海道 女性)

「得意」と言うにはおこがましですが、あえて挙げるなら…。(埼玉県 男性)

「得意」というより、困難なケースが多いからやりがいがある。(京都府 女性)

医療ニーズが高い人

病院で介護福祉士として看護助手の仕事をしていたため、傍で色々な病気の患者様をみてきたから。(千葉県 女性)

自分の所属が医療法人だから。(愛知県 男性)

自分が看護師だから医療系には強い。(茨城県 女性)

基礎資格は介護士なんですがねぇ。(愛知県 女性)

家族に問題がある方。(岐阜県 女性)

医療連携を大切にしたいから。(兵庫県 女性)

医療法人で居宅介護支援を行っているためか、経鼻経管、透析、IVH、終末期などの依頼が多く勉強させて頂いております。(大分県 女性)

医療系のケアマネはターミナルや難病の人は得意ですよね。(福岡県 女性)

医療サービスに繋げれば問題の多くは解決されるので。(東京都 女性)

チームになる医療看護系職種との連携が得意です。相手の分野のメンタリティーと苦悩を理解して支援することを強調します。(北海道 男性)

生活保護・経済困窮の人

本人の希望が聞き取りやすいから。(兵庫県 女性)

本人や家族が精神疾患の人

選ぶ訳ではないが、精神的疾患の人を担当するケースが多い。(静岡県 女性)

精神疾患について、気になる事がたくさんあります。(和歌山県 女性)

その他

訪問してくれるのを待ってくれている話好きな人。(岩手県 女性)

特になし。平均的に支援できないと不便です。(大阪府 男性)

得意な人はいません。(長野県 女性)

得意なんてない。どれも大変。質問の意図がわからない。(滋賀県 男性)

得意?と言われると基本的には得意というまでの物はない。(静岡県 男性)

得意、不得意の根拠は何でしょうか。質問内容が不適切に感じてしまいます。(神奈川県 女性)

生保受給者は介護保険利用料、医療費の自己負担がない。(生活保護受給者と経済困窮者を同列記にするのは、いかがなものか?)(大阪府 女性)

出来れば、ご本人とご家族のニーズが一致している方が良い。家族の意思が優先されることが多く戸惑うことがある。(岡山県 女性)

支援していく中で難しいなと感じることはあっても、得意と感じることはない。(埼玉県 女性)

なんたって経済的に裕福な独居の男の人です。軽度の認知症ならば、政治経済に関心をもって話をすればうまくいくので。(茨城県 女性)

ないです。あえて言えば、リハビリ病棟から退院されるかたかな。(静岡県 女性)

どんな人でも。決めにくいですね。(大阪府 女性)

どれも同じように支援します。得意不得意はないのが当然。(神奈川県 男性)

どれもみんな大変過ぎ。得意とか。ケアマネに失礼すぎますよね…。(東京都 女性)

どの様な方でも、可能です。(北海道 男性)

どの選択肢も困難を予想してしまいますね…得意は無いです。前例にとらわれず一つ一つ当たるしかないですね。(茨城県 男性)

どの選択肢の場合でも地域や行政などの資源活用が必要になります。「得意」は「協力者探し」でしょうか?(鹿児島県 男性)

とにかく1件1件対応している状況で、得意とは言えないと思う…。(東京都 女性)

ご家族様がいる認知症の方。(千葉県 女性)

どんな方も“得意”と胸を張って言えるほど自信はありません。なぜか“独居で認知症”のケースが多い気はしますが…。(埼玉県 女性)

認知症の人の支援には、出来るだけ「得意」になりたいと、多くの知識・経験を学びながら、積み重ねています。(奈良県 女性)

支援するのが「苦手」なのはどんな人?

「本人や家族が精神疾患の人」と解答したケアマネジャーが52%と過半数を超えました。以下、「医療ニーズが高い人」14%、「生活保護・経済困窮の人」が11%、「独居で認知症の人」9%、「その他」15%という結果でした。

前問では、認知症、医療ニーズが高い人の順に、比較的票が割れましたが、今回の「苦手な人」についてたずねた設問では、「本人や家族が精神疾患の人」への投票が過半数を超えるという結果となり、ほかはほぼ10%前後と横並びでした。

その他のコメントを寄せてくださった方の、「苦手はつくらない」が本来のケアマネジャーのあるべき姿なのかもしれませんが、それでも、手を焼いたケースでは、ついつい「苦手意識」が生じるのもやむを得ないことかもしれません。

精神疾患の場合、認知症のように高齢になってから発症したものでないケースも多く、生活歴や取り巻く環境が、最初から想定範囲を大きく超えていることがままあるのではないでしょうか。さらに、本来支援者であるはずの家族も含め、通常のコミュニケーションがとりづらいようであれば、アセスメントひとつとっても時間がかかることは容易に想像ができます。ましてや訪問自体を拒否されるとなると、ケアマネジャーとしてできることは限られてしまいます。

また、介護だけでなく、社会福祉、障害者福祉等、さまざまな社会的支援を必要とするケースも多いことから、窓口が一括してケアマネジャーになってしまうこともあり、さらに困難を極めてしまうことも。コメントからうかがえる皆さんのご苦労は、察するに余りあります。

本人や家族が精神疾患の人

本人が認知症でキーパーソンの家族が統合失調症の人がいて説明してもなかなか納得させることが難しいケースがある。(青森県 男性)

必要な支援導入が困難。(大阪府 女性)

増加しています。話した言葉の取り違えで裁判までになった事例あり、少し恐怖です。(福岡県 女性)

専門医への受診が重要と促しますが、家族も精神疾患だとCMが訪問すること事態も拒否される事が多く、必要な支援へ繋ぎ難いです。(奈良県 女性)

精神疾患そのものを理解されにくい社会にあって、そのうえ認知症を患った方へ支援するには大変です。(愛知県 女性)

周囲とのトラブルや各事業所とのトラブルが発生しやすい。(熊本県 男性)

気分によって理解してもらうのに苦労する。(山形県 男性)

巻き込まないといけない人が増え、へたをするとまとまりのないことになる確率も高くなるから。(大阪府 男性)

介入がしにくい、意味もなく拒否されることもあり対応に専門的知識の必要性を感じる。(東京都 女性)

意思疎通が困難。(兵庫県 女性)

んー。難しいの一言。(福岡県 女性)

まともな話が通じないことが一番困るし苦手…。(静岡県 男性)

こちらも神経をすり減らす事が多いです。(福岡県 男性)

いわゆるクレーマーさんには手を焼きます。(東京都 女性)

医療ニーズが高い人

医療主体で、なかなか、食い込めない…。(兵庫県 女性)

医療にかからない人の支援で周囲が受診につなげることばかり主張し、かからない理由・要因を考えるべきと反論しても通らない。(北海道 男性)

医者や看護師は連携の取りにくい方が多い。仕事なのでもちろん必要な連携はとっているが。(京都府 男性)

生活保護・経済困窮の人

生活保護の方は、手続きが大変。担当が県まで行ってしまうから。(愛知県 男性)

介護保険利用にあたってもそのたびケースワーカーに確認しなければならない。(千葉県 女性)

あえて選ぶなら…ですね。(埼玉県 男性)

独居で認知症の人

親族の支援がないと難しい。(宮城県 女性)

その他

病気の受容ができていない、比較的若年の利用者。(山口県 女性)

内心の好き嫌い(手間)はあるが苦手とは違う。(神奈川県 男性)

男性利用者  男性恐怖症です。(三重県 女性)

全部です。苦手とか得意とか、ケアマネの業務でそういう観点はおかしいですよ…。(東京都 女性)

精神疾患があるが、通院していない人。精神科通院しているまたは精神福祉手帳をもっている人の支援は大丈夫です。(和歌山県 女性)

性格が悪い人。(埼玉県 女性)

自分本位で横柄な人(勝手に好きなようにすれ!と話す等)。(北海道 女性)

自堕落で怠け者な人。生活保護を食い物にしている人。苦手というより軽蔑している。(大阪府 女性)

高学歴等でプライドが高く人の助言を聞き入れない方。(東京都 女性)

好き嫌いは言えませんが、精神疾患のある方は対処に困ることがあります。疾患を隠され、本来の性格か病気か判断に困ります。(東京都 男性)

苦手はつくらない。(京都府 男性)

家族が理不尽な要求をしてくる。(東京都 女性)

家族が本人の状態を受け入れずに過剰にサービスを使いたがったり、介護保険そのものを理解していない家族。(静岡県 女性)

家族が制度やご本人に理解がない人。(埼玉県 男性)

どんなケースもOK!(北海道 男性)

どのタイプの人も「急な対応」に介護者や受け入れ先の確保に苦慮するかと思います。(鹿児島県 男性)

とくにないです。(鳥取県 女性)

ケアマネとして支援する分には苦手はないし、得意もないです。あえて言うなら、セクハラする人かな?めったに遭いませんが。(神奈川県 女性)

キーパーソンに理解がない。キーパーソンがいない方がマシ。(大阪府 女性)

『保険料払ってるんだから何でもやってもらえるのは当たり前』と権利主張が強い人。(東京都 女性)

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

介護アンケートの記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ