ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

介護アンケート

こんな苦情もらいました 結果発表 第1弾

CMOが9月に実施した「ケアマネジャーが業務の中で受けた苦情に対する実態調査」には、800件を超える回答が寄せられました。ご協力いただいた会員の皆様に、心より御礼申し上げます。

今回は、フリーワード形式で、ケアマネジャーが受けた苦情の内容についてご紹介します。理不尽な要求をはじめ、思わず笑ってしまった話、社内でも伝説となった逸話など、多種多彩な苦情をご覧ください。

【調査概要】
調査方法 : インターネットリサーチ
調査地域 : 全国
調査内容 : ケアマネジャーが業務の中で受けた苦情に対する実態調査
調査対象 : ケアマネジメント・オンライン会員(25~73歳のケアマネジャー)
有効回答数 : 805サンプル (男性:339・女性:466)
調査日時 : 平成22年
調査主体 : 株式会社インターネットインフィニティー

苦情の内容

最も多かった苦情は「ヘルパーについて」でした。ご利用者様にとって、担当ヘルパーは接する頻度も多く身近な存在だけに、その言動や資質は不満の対象にもなりやすいようです。次いでデイサービス・ショートステイについての苦情や、サービス制限に対する苦情などが多く、ケアマネジャー自身に対する苦情は少数でした。それでは、いよいよお待ちかねのフリーワードを以下、ご紹介します。

国の手先?

「お前は国のいいなりになるのか!」(神奈川県 50歳)

もともと家政婦と介護ヘルパーを混同していて、サービスが始まっても、その都度できること、できないことを説明したが、いつまでも理解できず、「厚生労働省の役人をここに連れて来なさい!貴方達は行政の手先だ!」(兵庫県 45歳)

「私が電話したら、他の訪問中でもすぐ飛んで来い」と言われた。あなた一人のケアマネじゃない。(大阪府 28歳)

医者もいろいろ

ある医師に主治医意見書を依頼したら「何で自分にこんな書類を書かせるんだ。失礼な」と、受診時に利用者を通じて散々罵倒されました。それ以来、医者は苦手です。 (東京都 40歳)

医師が経営するデイサービスを利用すると、自動的に主治医に変更され、担当ケアマネも家族が説得されて交代させられる。デイ利用中に医療行為を何時間も行なっても通常のサービス料金を請求しようとしたため、給付管理できないと言ったら、クレームをつけられたと激昂した医者がいた。(栃木県 56歳)

自分がケアマネになったばかりの頃、妻の認定をあげるためにヘルパーに芝居をさせ、ケアマネに嘘の証言をしろと言われ、反発した。反発の仕方でクレームがあり、大正元年生まれの元気な男性だったので、かなり言い合いをしてしまい、主治医の先生に仲裁にはいってもらったことがある。(大阪府 49歳)

ヘルパー

食事の作り方でとにかく口うるさい注文をしてくる。言うことがすぐ変更になるのでヘルパーさんは大変でした。(兵庫県 48歳)

ヘルパーが、飼い犬等の死体をごみ捨て場に捨ててきて欲しいと言われた。(埼玉県 33歳)

ご本人の理解力が低く、片付けもうまくできなかった方から「ヘルパーが私の使っているガーゼマスクや息子の股引(ももひき)を盗っていく」などと、およそ考えられものを盗まれたと訴えがあった。このときは警察まで呼んでいました。(北海道 45歳)

ヘルパーが二層式の洗濯機が面倒で、全自動を利用者様に買わせた事ことがあります。(埼玉県 69歳)

学んだ

頼まれたサービス提供を連絡ミスをしたりした時に電話で誤るだけでじかに誤りに行かず利用者家族の気持ちを不愉快にさせた。親しき仲にも礼儀ありでした。(福井県 54歳)

お年玉をお断りしたら、家族から「100歳の年寄りが楽しみで配っているのに、なぜもらってくれのか」とお叱りを受けたあとお亡くなりになり、断ってさびしそうにされた顔が思い浮かび、もらったふりして家族に返せばよかったと思いました。(大阪府 48歳)

かなり主張が強い家族がいらして、転々とケアマネジャーを変えてきた例がある。自分も出来る限りの傾聴に努め、対応もサービス事業者との連携で力を尽くしても感情を丸出しにし、電話で怒鳴り、理にかなわないやり方が数ヶ月続き、これは自分もつぶれると思いながら一つ一つ対応してきた。その方が今はとても信頼してくださる利用者家族に変わっています。なぜか?。とてもとても嬉しい。(東京都 61歳)

ケアマネいじめをして憂さ晴らしをしているとしか思えない介護者がいました。どうでも良いようなことや言葉使いにまでにこだわり、日に何度も事務所に電話をしてきてはダラダラ長々と拘束され、仕事にも支障が出たのでこちらから契約の打ち切りを申し出たところ、苦情を申し立てられて国保連まで動員したケースが身近でありました。困ったケースには、利用者側から愛想をつかされるように仕向けることが裏技と学びました。(神奈川県 58歳)

急ぐ書類ではなかったが“今すぐに確認してほしい”と思っていたようで苦情がきた。言い分どおりに今すぐに必要な内容ではないと思ったが、自宅まで行った。気持ちだけは伝わったらしい。以後、訪問のたびに、帰るときに車が見えなくなるまで手を振るようになった。家族の言いなりになってしまうのは、効率的な仕事とは思えないが。(大分県 41歳)

併設されている特別養護老人ホームへ、ショート利用をして利用者様からの苦情がありました。苦情として書類を出すと、相談員から「あなたの苦情も(利用者から)聞くが、出そうか?」と個人的攻撃を受け、今までの友情はなくなりました。ケアマネとしてよくなって欲しいと思い、出した苦情でしたが、受け取り方の違いとは怖いものだと思いました。(鹿児島県 45歳)

口は災い

新人のケアマネの話ですが、利用者にトイレの手すりをつけたいとの依頼があり、福祉用具の担当者と一緒に訪問。「トイレを見せてくださいね」と言いながら、トイレのドアを開けた新人ケアマネ。思わず「うわぁ、狭っ…」と小声でつぶやいたその声を、運悪く利用者がしっかり聞いていた。ひどく気を悪くされた利用者と家族から即刻、ケアマネ交代の依頼が来た。(大阪府 50歳)

ひどく気を悪くされた利用者家族から即刻ケアマネ交代の依頼が来た。うそつきは交代させてくださいと、家族が激怒。実は担当ケアマネがショート予約を入れ忘れていた。謝罪すればいいのに、うそをつき、家族が施設に連絡して話の裏を確認したら、うそがばれた。(栃木県 41歳)

在宅介護が困難になった利用者家族に、居宅の管理者が「家族で介護を放棄するのか?」と言ってしまい、大クレーム。社長がじきじきにお詫びに伺った。

脅し脅され?

クレーマーのため、介護保険制度から使うサービス事業所まで、すべてに関して不満。一度の電話で2時間以上対応しなければならないことも。介護認定更新時に「要介護認定が現在より下がったら法的に訴える」と脅された。この件に関しては保険者に相談、元の介護度で継続となった。(宮崎県 49歳)

要介護認定を納得できない家族が、認定調査を行ったケアマネを恨み「仕事ができないようにしてやる」と言われた。不服申し立てとなるが、その言い分が制度や認定方法を全く自分よがりの解釈をしていた。標的となったケアマネジャーは本当に辛かった。(東京都 49歳)

限度額を大幅に超え、自己負担額が10万円を超えたお宅で、娘さんに電話して「負担しろ、このまま放っているなら介護放棄で役所にいいつけますよ」と脅したケアマネさん知っています。(埼玉県 56歳)

居宅の依頼を受けたが、受け持ち数が限度を超えるので丁寧にお断りし、了解を得た上で違う事業所のケアマネも連れて訪問したところ、後日そのケアマネが気に入らなかったらしく電話をされてきて、「お前が仕事できようにするのは簡単だぞ」と、やくざまがいの脅しをかけられたことがある。(福岡県 40歳)

身内でも

上司の利用者さんより苦情。こちらの相談をしているのに自分の話ばかりして、結局はこんなケースを持っていて大変だったとか、私は対応がうまいなどの自慢話ばかりされるので嫌いだと。本人には言えませんが・・・(茨城県 33歳)

ヘルパーの不手際がいつの間にか、ケアマネの力量不足にすり替わり、意味不明の苦情を受けました。あほな法人はその苦情を真に受け、休暇中の僕の携帯を鳴らす始末。お前が悪いの一点張り、もう付き合っていられません。(神奈川県 54歳)

匿名メールでいきなり「スタッフの対応が悪い」と本社に連絡が行ったこと。なぜか「ケアマネは家族との会話が多いだろうから」という理由で自分が槍玉に上がった。(実際には、ほとんど家族とは施設長や看護師が話していることが多く、自分は挨拶やケアプランの説明程度の為、家族と接触する機会は少ないのにも関わらず)さすがに頭に来て、辞めてやろうかと思った。(栃木県 36歳)

認知症

「タンス内に使用済みのパットや汚れた衣類が入っている。自分の母がそのようなことをするわけはないので、職員が母をいじめるためにわざと入れているのではか」という苦情。認知症状があることは承知しているはずなのに、そんなことはあるわけはないと言い張られた。(埼玉県 46歳)

洗濯機の蓋(ふた)を持って帰ってしまったと認知症の人からクレームが入った。(埼玉県 57歳)

認知症高齢者が、制度への不満やサービスの不満を訴えるケースが時々ある。何度も電話がきて事業所内のどの職員も、保険者職員でも有名な「クレーマー」のようなケース。このようなケースは、忙しくても、どのような状況であっても、聞かざるをえない。でも、このようなケースがあった時こそ、事業所内の職員が一致団結する。(鹿児島県 41歳)

食のうらみ

調理支援でヘルパー利用していたが、カレーを作った際に、「水を入れたコップを添えなかった」と利用者がヘルパー事業所に苦情を申しつけ、再度ヘルパーがご利用者宅へ伺い、水を用意して食卓へ出した。(福島県 37歳)

料理がおいしくないと言うが、ケアマネの私が食べてもおいしくなかった。(広島県 62歳)

同僚が受けたクレームで、「配食サービスのご飯に梅干しがついていなかった。梅干し位付けるべきでしょう」とクレームがあった。(神奈川県 50歳)

私って…

介護タクシーが使えないから、ケアマネ自身が送れと言われた。(奈良県 58歳)

家族が住宅改修の業者を変更したのにケアマネのせいと思いこんだ、最初に依頼されていた大工に呼び出され、夜8時~10時過ぎまで帰らせてもらえなかった。(千葉県 43歳)

緊急のショートステイを依頼され、丸一日かかって探しまくったが受け入れ先が無く、能無し呼ばわりされた事があった。(福島県 36歳)

男性ということで理不尽な苦情をしつこく受けた。(兵庫県 36歳)

関西でのこと。関東出身のケアマネの説明に「標準語がキツイ」と苦情があった。(大阪府 50歳)

男と女

家族に不倫相手と思われたこと。(島根県 35歳)

一人暮らしの男性利用者(比較的若いかた)の苦情で、いつも訪問をしてくれている訪問看護師さんに自分が胸を触ろうとしたら拒否されたとの苦情。利用者の方の言い分は自立支援のための援助であれば、自分にはそうゆう事が必要だとのことで、アングリした事がありました。妻が他界した後の訪問の度に「一緒に寝てくれ」「もっと訪問してほしい」など甘えられる言動がある。(北海道 32歳)

独居男性の担当をした際に、「あなたのために布団を買ったから、取りに来て」といわれ丁重にお断りしたが、その後「あのケアマネは信頼できない」と会社にクレームが入った。(山形県 30歳)

ムチャぶり

家族の分の食事準備、孫の彼女の生理用パンツまで、ヘルパーにさせようとした利用者家族。(神奈川県 38歳)

1円未満の利用料が、切り上げで利用者負担になることを理解してもらえず、事業所側に別計算で切り捨てて請求してもらったこと。(京都府 47歳)

介護保険で冷蔵庫を購入すると言い張る利用者。利用できない旨説明すると介護保険課に苦情を入れる。(千葉県 38歳)

“元県職員”の夫が、理不尽なクレームや無理難題を押し付けてくる。できること、できないこと、いくら説明してもダメです。今でいうモンスター○○です。(福岡県 48歳)

限度額不足を説明したらキレられて、「要介護6にしろ」と詰め寄られたとき(笑)。(愛知県 44歳)

想像を超えるモンスター的な苦情から笑ってしまう苦情まで、いろいろでしたね。ご利用者様、事業者、ドクターなど、ありとあらゆる方面からの苦情を一身に受け止めるケアマネジャーさん。こちらで紹介しきれなかった投稿の声からも、日頃の現場での苦労がしのばれます。

フリーワードのご紹介の続きは、介護支援専門員実務研修受講試験・速報のため、11月11日となります。少し時間があきますが、次回は“苦情を受けても仕方がない”など、ケアマネとして耳が痛かった事例や、苦情を受けてどんな影響があったかなど、興味深いレポートをお届けします。お楽しみに!

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

介護アンケートの記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ