ケアマネジメント・オンラ
イン 介護支援専門員サイト

ログイン

もう悩まない!最適なおむつの選び方 ケアマネージャーのための大人用おむつ講座 情報提供:花王株式会社

ケアマネさんの知恵袋 ケアマネが知っておきたい排泄ケア情報をご紹介します。

「ニオイ」の悩み・・・こんな時どうしている?「衣類」のニオイ

排泄ケアでご本人様と介護者の双方から「悩み」のひとつとしてあげられる「ニオイ」。
「毎日、お洗濯はしているのに徐々に、衣類にニオイがついてくる」「室内干しをするので、ニオイが残ってしまう」「お布団など水洗いができないものについてしまった汚れやニオイのとり方」について困っているといったお悩みをうかがいました。
今回は衣類や寝具についた尿や便によるシミや「ニオイ」のとり方をご紹介します。少しでも、手間を省いて、お洗濯の負担を少なくする方法を取り上げました。

【お洗濯のポイントは2つ】

・毎日のこまめなお洗濯で、シミやニオイを防ぐ。
・酸素系漂白剤と洗剤のつけおき洗いで手間を省く。

毎日のお洗濯のポイント

洗剤は、衣料の尿臭・体臭をスッキリ落とす消臭ストロングをおすすめします。お風呂の残り湯を使ってお洗濯したときは、すすぎは水道水で行ないます。 また、特にご高齢で介護を必要とされている方々の肌は、デリケートで刺激を受けやすくなっていますので、ふっくら、肌触りよく仕上げるため柔軟仕上げ剤を使用しましょう。
24時間防臭(日常での着用)+ドライ効果(ぬれ戻り防止)のハミングファインをおすすめします。

汚れた衣類のお洗濯方法

1.便がついていたらトイレでとりのぞきます。その後、お風呂場などでさっと洗濯前の下洗いをしておきます。

2.アタックなどの洗濯用洗剤と一緒に酸素系漂白剤ワイドハイターEXパワーを適量入れて30分ほどつけおきしましょう。
軽くすすいだ後、洗濯機で洗います。色柄物にも安心して使えます。
白地の綿素材のシーツなら白物専用の塩素系漂白剤ハイターで強力に 除菌・漂白することができます。

3.洗えない布団などが汚れた時は、汚物を取り除いた後、洗剤を溶かした水にタオルを浸してかたく絞り、たたくように拭きます。
きれいな水ですすいだタオルで2~3回拭き、洗剤成分を取り除きます。
最後に乾いたタオルで拭きあげ、水分をしっかりとっておきましょう。
仕上げにリセッシュ除菌EX 消臭ストロングをスプレーします。
洗いにくいベッドパッドやカーペットの除菌・消臭やお部屋の空間にも使えます。

記事一覧に戻る