<社会保障給付費>給付費100兆超え、うち高齢者保障費がほぼ半分に


2012/12/27 11:00 配信   | 行政ニュース

国立社会保障・人口問題研究所は、2010年度の社会保障費用統計を公表した。

それによると、年金、医療、介護などの社会保障給付費は、前年度比3兆6272億円増(伸び率は3.6%)の103兆4879億円と過去最高を記録し、初めて100兆円を突破した。

対国内総生産比は21.60%、国民1人当たりの社会保障給付費は80万8,100円であり、1世帯当たりでは208万9,200円となった。

医療、介護などの部門別社会保障給付費をみると、「医療」が32兆3,312億円(31.2%)、「年金」が52兆4,184億円(50.7%)、「福祉その他」が18兆7,384億円(18.1%)である。介護にかかる給付費は、医療の6割弱となっている。

一方、保健医療、家族、障害などの機能別社会保障給付費を見ると、「高齢」が全体の49.1%で最も大きく、ついで「保健医療」が29.9%であり、この二つの機能で79.0%を占めている。これ以外の機能では、「遺族」(6.6%)、「家族」(5.3%)、「障害」(3.2%)、「生活保護その他」(2.8%)、「失業」(1.8%)、「労働災害」(0.9%)、「住宅」(0.5%)の順となっている。

100兆円の社会給付費のうち、半分は高齢者への保障となっており、今後の少子化・高齢化に伴って、医療・介護とも給付抑制にさらに拍車がかかるものと予想される。

◎平成22(2010)年度  社会保障費用統計(概要)

■関連記事
・理想と思われる介護に世代間の格差あり——社会保障を支える世代に関する意識調査
・2060年の日本は65歳人口が4割に——社会保障・人口問題研究所


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 樋口】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます