<ロコモシンドローム>変形性膝関節症の原因となる細胞外分子を発見――東京大学


2013/02/04 12:00 配信   | 業界ニュース

変形性膝関節症(osteoarthritis;OA)がどんな病気か、ご存じだろうか。OAは膝の関節軟骨が摩耗する病気で、関節痛や変形を引き起こす。高齢者の生活の質(QOL)を低下させ、健康寿命を短縮させる「ロコモティブシンドローム」の代表的疾患で、骨粗鬆症や関節リウマチよりも多くの高齢者が罹患しており、国内の有病者数は2,400万人と推計されている。要介護高齢者のなかにも、この疾患により転倒したり、歩行が不自由になったりする例は多い。しかし、その治療法は対症療法のみで根本的治療法は存在しないのが現状だった。

変形性膝関節症については、これまで原因分子がいくつか報告されてきたが、そのほとんどが細胞の中の分子で、治療物質が届きにくく治療の標的とはならず、この病の根本的治療法は不明のままだった。

しかし今回、東京大学大学院医学系研究科の研究チームは、細胞の表面に存在する受容体タンパクが変形性膝関節症に大きく関与していることを、マウスの実験によって発見した。

細胞表面分子や細胞外分子は細胞内の分子に比べて治療の対象になりやすく、この受容体タンパクの阻害剤である低分子化合物DAPTを膝関節内に注射投与したところ、軟骨細胞に働いて変形性膝関節症を予防することを見出した。

健康な組織が従来の形質を保てずに別の形質を獲得してしまう、いわゆる変性疾患はロコモティブシンドロームのみならず多くの老化関連疾患に見られ、高齢化社会の進行によって重大な社会問題。

今回の結果で得られた、低分子化合物の関節内投与が膝関節軟骨細胞に働いて変形性膝関節症の進行を予防するという事実は、変形性膝関節症の治療の概念を大きく進歩させるものと言える。

東京大学

■関連記事
・変形性膝関節症の痛みを和らげる製剤「サイビスクディスポ」発売
・変形性膝関節症に悩む人必見のサイト「CBブレース」がリニューアル



ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 樋口】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?