<施設での看取り>「看取りの基本方針がある」施設は7割弱――日看協調査


2013/04/10 13:00 配信   | 業界ニュース

日本看護協会は、「平成24年度高齢者ケア施設で働く看護職員の実態調査」を実施し、その結果を公表した。

介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、グループホームに勤務する看護職員6,024人を対象に調査を行い、2,708人から回収、有効回答数は2,491人(41.4%)だった。

■2割が「施設での看取りは行わない」

看取りケアを経験したことがある人は、69.7%。施設別に見ると、特養が82.9%と最も高く、老健、グループホームはいずれも65.9%だった。

また、勤務する施設における看取りケアに関する方針は、「施設で看取る」ところが65.2%であり、「施設での看取りは行わない」が22.9%、「決まっていない」が10.8%。特養のみに限定しても、「施設での看取りは行わない」と回答した人が12.4%と、1割以上を占めた。

「施設で看取る」あるいは「決まっていない」と回答した1,893人のうち、「施設での看取りの基本方針がある」と回答したのは65.4%。「あるが、活用されていない」(7.8%)、「ない」(16.0%)、「あるかないか、わからない」(7.4%)も、3割を超えた。
さらに、「看取り期の判断基準」が「ある」のは 43.9%、「医療機関搬送の判断基準」が「ある」のは 43.8%にとどまった。

■夜間に看護師常駐は7割未満

看護職員の夜間の勤務体制は、「必ず看護職員が勤務している」が68.5%、「常に看護職員はいない」が20.2%、「看護職員がいる時といない時がある」が8.0%だった。
施設別にみると、老健では「必ず看護職が勤務している」が 89.0%と多くを占める一方、特養やグループホームでは、「常に看護職員はいない」(特養79.2%、グループホーム58.5%)が最も多かった。逆に、「必ず看護職員が勤務している」老健は5.3%、グループホームは2.4%だった。

回答者が勤務する施設で、看護職員が連絡待機・電話連絡などを含む「オンコール体制をとっている」のは38.7%、「オンコール体制をとっていない」のは47.9%。施設別では、特養の92.6%、グループホームの82.9%がオンコール体制をとっているのに対し、特養では21.5%と低かった。


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 橋口】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?