<外国人看護師候補>国家試験は時間延長等改善で、合格率の行方は?


2013/03/04 17:00 配信   | 行政ニュース

介護士候補者とともに、経済連携協定(EPA)に基づいてインドネシアとフィリピンからの受け入れが行われている、看護師候補者。2月17日には、第102回看護師国家試験が実施され、EPA候補者に配慮した対応が行われた。

厚生労働省では、平成23年実施の第100回試験から、難解な用語・表現は言い換える、疾病名には英語を併記するなど、EPA候補者に配慮した問題を作成している。

今回は、試験時間を一般の受験者の1.3倍に延長する、すべての漢字にふりがなをつけた問題用紙を配布する(一般受験者用の問題用紙もあわせて配布)という新たな対策が採られた。

第一陣の外国人候補者が試験を受けた第98回試験では、候補者82人のうち、合格者は0人、次の第99回では254人中3人。そして、EPA候補者への配慮が行われた第100回ではようやく二桁の16人(398人中)に上り、前回の第101回は415人中47人に。とはいえ、合格率は、全体では9割を超える一方で、EPA候補者は11.3%と低い。

今回の試験の結果が発表されるのは、3月25日の予定。新たに追加された対策によって、合格者はどのくらい増えるのだろうか。

■関連記事
・<介護福祉士試験>第25回試験で経済連携協定(EPA)介護福祉士候補者に配慮し、問題を改善――厚労省
・介護福祉士試験合格率過去最高の63.9%、EPAの外国人も37.9%が合格!


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 橋口】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?