<指定取消>不適切なケアプランなどで居宅事業所等を指定取消処分に――静岡県


2013/03/06 09:00 配信   | 行政ニュース

静岡県は、2月26日、介護報酬の不正請求などで、株式会社シーブロケイドが運営する通所介護事業所・介護予防通所介護事業所「デイサービス初倉湯日の里」と居宅介護支援事業所「在宅支援センターアウディー」の指定を取り消しにすると発表した。

県によると、「デイサービス初倉湯日の里」では、ケアプランに沿ったサービスを提供していない運営基準違反などが、「在宅支援センターアウディー」では、実態と異なる不適正なケアプランの作成などの違反があったという。処分は2月28日付け。
今後は、不正に受領した介護報酬約40万円の返還請求をするよう、保険者の藤枝市に要請する。同事業所は2012年11月以降は介護サービスを提供していないので、利用者のサービス利用に支障は生じないという。


【事業者の概要】
■運営者:株式会社シーブロケイド(代表取締役 錦見英一)

■運営者の所在地:藤枝市下青島53番地の2

■事業所名:1)通所介護事業所「デイサービス初倉湯日の里」
       介護予防通所介護事業所「デイサービス初倉湯日の里」
      2)居宅介護支援事業所「在宅支援センターアウディー」

■所在地:1)島田市湯日64番6
     2)島田市湯日64番7

【処分の理由】
■指定通所介護事業所・介護予防通所介護事業所「デイサービス初倉湯日の里」
・虚偽の指定更新申請書を提出し、不正に指定更新を受けた。
・入浴介助を行ったなどと装い、介護報酬を不正に請求した。(通所介護事業所のみ)
・ケアプランに沿ったサービスを提供していないなどの運営基準違反をした。(通所介護事業所のみ)
・従業者の勤務や不適切な運営実態について、監査において虚偽報告・答弁を行った。

■指定居宅介護支援事業所「在宅支援センター アウディー」
・実態と異なる不適正なケアプランを作成した。また、通所介護事業所の不正請求への関与など運営基準違反
 があった。
・不適切な運営実態について、監査において虚偽報告・答弁をした。

◎静岡県
http://www.pref.shizuoka.jp/

■関連記事
・<悪質な虚偽報告!>介護報酬の不正請求などで5事業所の指定を取り消し――徳島県
・介護報酬の不正請求で3事業所を指定取消・停止処分に――千葉市


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 土倉】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?