<報酬改定影響調査(1)>3割の事業所が「収益減少」と回答――全日本民医連


2013/03/22 09:00 配信   | 業界ニュース

全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)は、3月5日、2012年の介護報酬改定後の事業所の実態を把握するため、昨年8月から10月にかけて行った事業所アンケート調査の結果を発表した。

同調査では、改定による事業所の収益の増減や、処遇改善加算の算定状況、訪問介護(生活援助)見直しの影響や対応、介護職の医療行為の実施状況、今回の改定に対する評価や意見などについて事業所に質問。
その結果、アンケートに回答した983事業所の3 割強が改定によって収益が減少していることなどがわかった。
また、今回の改定を「あまり評価しない」「評価しない」と回答した事業所は約7割にのぼった。

【調査の概要】
■調査対象:27都府県983事業所。
サービスの種類は、訪問介護526、デイサービス485、居宅介護支援405、短期入所83、訪問看護71など。
事業所規模は、5~10人が33.7%、5人未満が25.4%、11~25人が23.7%の順で多く、100人以上は2.8%だった。

■調査方法:所定のアンケート用紙を配布・郵送し、回収

■調査期間:2012年8月~10月

おもな調査の内容は以下のとおり。

■約3割の事業所が「改定後の収益が減少」と回答
改定後の収益状況について訊ねたところ、31.3%が収益が「減った」(2012年6 月と前年同月との比較)と回答した。「増えた」と回答したのは24.7%だった。
事業所規模別の収益減少率で見ると、規模を問わず多かったのが10%~20%の減少だった。そのなかで、20%以上減少したと回答した事業所は、5人未満の事業所では34.4%、5~10人では22.3%で、小規模の事業所ほど減少幅が大きく、厳しい状況にあることがうかがえた。

一方、地域区分の見直しにともなう介護報酬単価の変化では、 ほぼ半数(50.3%)が「上がった」と回答している。

介護職員処遇改善加算の算定については、7 割以上(77.1%)が「算定した」と回答しており、「算定しない」「検討中」は合わせて 22.9%だった。「算定しない」「検討中」の理由(複数回答)で多かったのは、「対象となる事業がない」50.5%。「他職種とのバランスや今後の見通しを考慮」20.7%、「利用料の引き上げにつながるから」19.7%だった。

■生活援助見直しで、7割強の事業所が「支障がある」と回答
訪問介護における生活援助見直しへの対応について訊ねたところ(複数回答)、「訪問回数を増やした」が131件、「60分を45分にした」271件、「変更していない」198件 、「その他」155件だった。
「その他」では、「90分程度を60分程度に短縮した」という回答が多く、「60分を超えていた提供時間を、60分~ 45分の間で対応した」「これまで60分程度だったサービスの場合は変更せず」などの回答も見られた。

「生活援助見直しにともなう支障の有無」については、72.1%が「ある」と回答。さらに生活援助の見直しについて、支障が生じている家事について訊ねたところ(複数回答)、「買い物」68.5%、「調理」59.0%、「洗濯」32.1% 、「掃除」49.1%、「その他」5.9%だった。「その他」の内容として、「コミュニケーションをはかる時間が減った」などの回答が見られた。

■半数近くが「訪問介護の収益が減少」と回答
事業所(訪問介護)の収益についての質問では、 回答事業所の46.4%が、改定後「収益が減った」と回答しており、「増えた」は6.4%、「どちらともいえない」は47.2%だった。 事業所全体で「減った」との回答は31.3%で、今回の改定が、訪問介護事業において経営上より厳しい影響をもたらしていることがうかがえる。

ヘルパーの給与については、支援時間の短縮などにともない、「減った」と回答したのが33.1%、「増えた」8.8%、「どちらともいえない」58.1%だった。

■デイサービスは、約4割の事業所が複数の時間区分を設定
デイサービスの時間区分見直しへの対応について訊ねたところ、「『5~7時間』区分に統一」16.0%、「『7~9時間』区分に統一」43.4%、「利用者の希望に合わせている」40.6%だった。このことから、約6割の事業所が時間区分を「5~7時間」「7~9時間」のいずれかに統一して対応し、約4割の事業所が、利用者の希望に合わせて複数の時間区分を設定して対応していることがわかった。


◎全日本民医連
http://www.min-iren.gr.jp/
◎介護保険法2011年「改正」、介護報酬2012年改定後の影響調査 事業所アンケート調査結果報告
http://www.min-iren.gr.jp/inochi-jinken/kokuho/data/2013/01anketo.pdf

■関連記事
・<報酬改定影響調査(2)>75%が「連携に困っている」と回答――全日本民医連
・<社保審がよくわかる>介護報酬改定検証研究委員会これまでの流れ
・平成24年度介護報酬の効果検証と研究のため、委員会開催——社保審レポ(1)


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 土倉】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SSLとは?