舌表面の汚れが、口腔内のアセトアルデヒド濃度を高めることを発見―岡山大


2015/04/09 12:00 配信   | 業界ニュース

岡山大学の森田学教授ら(予防歯科学分野)は、舌表面の汚れ(舌苔)の付着面積が広い人は、呼気中のアセトアルデヒド濃度が高いことを突き止めた。

これまで口の中のアセトアルデヒドは、たばこやアルコールが原因と考えられていた。
ところが、研究グループが健常者を対象に、舌苔面積と口腔内のアセトアルデヒド...[記事全文を表示する]

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 介護報酬・診療報酬の改定を読み解くためのヒントをお届け
  • 住まいに関する悩みをお持ちのご利用者はいませんか?
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます