NTTと製薬企業がタッグ 医療・介護の多職種連携事業を開始


2016/07/14 14:30 配信   | 業界ニュース

NTTアイティ、NTT東日本、およびエーザイの3社は、「地域包括ケア」の実現に向けて、医療・介護における多職種連携事業を7月11日より本格的に開始した。

NTTアイティが開発した「ひかりワンチームSP」と呼ばれるクラウド型多職種連携サービスを活用して、患者のケア目標や方針、日々の医療・介護・生活情報を、医療・介護従事者と家族が一体となって共有する。
「ひかりワンチームSP」には、患者ごとのモニタリング項目を日々チェックできる機能や、各メンバーの日々の活動状況がわかる機能、チームで決めたケアの方針や対応策を常に表示・確認できる機能などを搭載。多職種チームが一体となってケアにあたれる体制をサポートする。

この仕組みを構築した背景には、NTT東日本とエーザイが、品川区の多職種連携研究会「品川 Dementiaネットワーク研究会」の協力を得て行った、ICTパイロットシステムのトライアルがある。
パイロットシステムを用いた患者のフォローアップにより、日常生活動作の向上および要介護度の改善が観察されるなどの事例が認められたほか、全国16ヵ所で行ったトライアルでも有用性が認められた。
これらの成果・ノウハウを生かし、今回、本格的に多職種連携事業を展開するに至った。

NTT東日本は最適な通信サービスの提供、エーザイはケア目標の設定や課題抽出について話し合う症例検討会のアレンジなどで本事業に関与する。

◎エヌ・ティ・ティ アイティ プレスリリース
http://www.ntt-it.co.jp/press/2016/0711/


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 一本でしっかり栄養補給!栄養補助飲料「クリミール」
  • 保険内でカバー、手頃な価格帯のドアも充実

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます