日本人人口27万人減 調査開始以降最大の減少数―総務省


2016/07/19 12:00 配信   | 行政ニュース

今年1月1日現在の日本の人口(外国人住民を含む)は、前年より16万272人少ない1億2,806万6,211人であることが、総務省の調べでわかった。
外国人住民を除いた日本人住民は1億2,589万1,742人で、前年より27万1,834人の減少。1968年の調査開始降、最大の減少数となった。一方、外国人住民は217万4,469人で、前年より11万1,562人増えた。

日本人の出生者数は101万46人で、減少傾向ではあるものの前年より増加。対する死亡者数は129万6,144人で、調査開始以降、最多だった。出生者数から死亡者数を差し引いた自然増減数は28万6,098人のマイナスで、調査開始以降、最大となった。

◎総務省 報道発表
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei02_02000122.html


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます