介護施設に避難確保計画作成および避難訓練の実施を義務化へ―国交省


2017/02/14 17:00 配信   | 行政ニュース

国土交通省は、10日、「水防法等の一部を改正する法律案」を閣議決定した。近年、全国各地で洪水等の水災害が頻発・激甚化していることに対応し、洪水等からの「逃げ遅れゼロ」と「社会経済被害の最小化」を実現するため、多様な関係者の連携体制の構築と既存資源の最大活用を図ることを目的としている。

大規模氾濫減災協議会や、市町村長による水害リスク情報の周知制度の創設など、関係者の連携体制の構築を概要に盛り込むとともに、高齢者、障がい者、乳幼児、妊婦など、災害時において特に配慮を要する「要配慮者」を擁する介護施設等については、「避難確保計画作成及び避難訓練の実施を義務化」(現行は努力義務)を決定。
地域社会と連携しつつ確実な避難の実現を目指していく。

◎国土交通省 「水防法等の一部を改正する法律案」を閣議決定
http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo02_hh_000017.html


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます