エストロゲンが関係 女性のやせすぎはアルツハイマー病につながる可能性―東邦大


2017/04/14 17:00 配信   | 業界ニュース

東邦大学は4月10日、アルツハイマー病女性患者の脳と女性ホルモンとの関係について新たな知見につながる研究成果を発表した。
同大医学部の本間尚子准教授、三上哲生教授らの研究グループによるもの。

女性ホルモンのエストロゲンは女性の健康維持に重要で、脳においても重要な働きをすると考えられている。アルツハイマー病は男性より女性に多いが、閉経後に増えること、また閉経後女性の血中エストロゲンレベルは男性以下になることなどから、血中エストロゲンレベルの低下がアルツハイマー病につながる可能性も指摘されている。しかし、これまでの研究は疫学的・実験的なものがほとんどで、ヒトの脳組織を使った研究は少なかった。

今回、研究グループは、解剖で得られたアルツハイマー病女性患者13例の大脳前頭葉組織でエストロゲンの濃度、代謝動態、受容体について調べ、対照群12例と比較した。その結果、アルツハイマー病の前頭葉白質組織ではエストロゲン受容体βが減少しており、白質でのエストロゲン作用低下がアルツハイマー病に関係する可能性が示された。また、閉経後は体内の脂肪組織でエストロゲンが多くつくられるため、BMIと血中エストロゲン濃度は相関することが知られているが、今回の解析で、脳内エストロゲン濃度にはBMIが強く影響しており、やせすぎ(BMI 17.5未満)は脳のエストロゲン濃度維持に不利であることもわかったという。

エストロゲンは食生活とも密接に関係している。研究グループは、これらの結果はやせすぎへの警鐘となる可能性を指摘している。

◎東邦大学 プレスリリース
http://www.toho-u.ac.jp/press/2017_index/20170410-768.html


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 土倉】

この記事を印刷する

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • 住宅改修の正しい知識で、自立支援につながるプランを
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます