医療と介護の「財源確保を」―消費税使途変更など受け、40団体


2017/10/05 15:00 配信   | 業界ニュース

日本医師会や病院団体、介護関連団体など40団体でつくる「国民医療推進協議会」はこのほど、国民が将来にわたって必要な医療と介護を安心して受けるための「適切な財源の確保」などを求める決議を行った。

安倍晋三首相は先月、2019年秋の消費税率8%から10%への引き上げに伴う財源の使途を見直す方針を表明。また、22日に投開票される衆院選でも、消費増税が争点の一つとなっており、業界内では、医療と介護の財源が削られることを懸念する声も上がっている。今回の決議は、こうした動きなどを受けたものだ。

決議では、「世界に類を見ない少子高齢社会において、国民が生涯にわたり健やかでいきいきと活躍し続ける社会を実現していくためには、持続可能な社会保障制度の確立が不可欠だ」と主張。その上で、医療と介護の財源を確保するよう求めたほか、診療報酬が非課税であることによって起こる問題などにも言及した。

病院や診療所は、設備や物品を購入する際に消費税を支払っているが、診療報酬は非課税となっているため、消費税の引き上げは医療経営に大きな打撃を与える。国はこれまで、消費増税のたびに臨時で診療報酬改定を行ってきたが、決議では、こうした問題の抜本的な解決を求めた。


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます