「医療・介護改革のための一歩を」―賀詞交歓会で日病・相澤会長


2018/01/15 10:50 配信   | 業界ニュース

日本病院会(日病)や全日本病院協会など、4つの病院団体でつくる「四病院団体協議会」(四病協)は12日、東京都内で新年賀詞交歓会を開いた。この中で、主催者を代表してあいさつした日病の相澤孝夫会長は、「国民生活の重要な基盤である医療と介護について、本年はまさに、将来に向けて改革のための一歩をしっかりと踏み出す年だと思っている」と述べた。


主催者を代表してあいさつした相澤会長

相澤会長は、「日本の医療を取り巻く環境を見れば、未来の医療が、これまでの延長線上ではないことは明白だと思う」と指摘。その上で、「病院の明るい未来に思いをはせ、そして決断をし、覚悟を持って一歩を踏み出す、これが今年、大切なことではないか」と語った。

■「質が高く、効率的な提供体制の整備を」―厚労相

また、来賓のあいさつで加藤勝信厚生労働相は、2018年度の診療報酬改定について、「地域包括ケアシステムの構築、医療機能の分化・連携の強化、そしてICTの活用も含めた現場の負担軽減や、働き方改革にもつながる効率的な医療提供の推進など、質が高く、効率的な提供体制の整備に資するよう、検討を進めていきたい」と述べた。


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 介護報酬・診療報酬の改定を読み解くためのヒントをお届け
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます