注目度ナンバー1は「管理者=主任ケアマネ」


2018/12/26 09:00 配信   | 業界ニュース

さまざまな制度改正や新たな仕組みの導入があった2018年。中でもケアマネジャーが高い関心を持ったことは何か―。ケアマネジメント・オンラインでは12月13日から、会員に対し注目キーワードについてアンケート調査を実施。25日までに773件の有効回答を得た。その結果、特に注目度が高かったのが、管理者を主任ケアマネに限定した制度改正だった。

今年4月、18年度の介護報酬改定に合わせて居宅介護支援事業所の管理者が主任ケアマネに限定された。ただし、経過措置として21年3月31日までの間は、主任ケアマネではないケアマネも管理者となることができる。

【関連記事】
管理者=主任CMの経過措置、3年に―給付費分科会、運営基準の諮問を了承

【介護保険最新情報vol.617】管理者=主任ケアマネなど、4月からの基準改正を公布

この制度の導入に反発する現場のケアマネは多い。また、経過措置が3年となった点や、主任ケアマネになるための研修の受講自体が困難である点などを問題視する意見も出ている。

【関連記事】
主任CM=管理者、3年の経過措置「不十分」が6割

主任CM=管理者、研修「不十分」が6割

主任ケアマネ、「質と量の両方が必要」―厚労省・込山振興課長

「1人のケアマネの目だけでは足りない」―厚労省・込山課長インタビュー


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 ただ正芳】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 尿臭をすっきり消臭!「アタック消臭ストロング」プレゼント
  • 介護業界の“旬の話題”について、専門家が解説
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます