16日に広島で「介護映画祭」開催


2019/03/08 14:00 配信   | 行政ニュース

「人の命」や「高齢者の生活」を題材にした映画を紹介する「第1回ひろしま介護映画祭」が16日、広島市内の西区民文化センターで開催される。介護に特化した映画祭は全国的にも珍しく、主催する市域通所サービス連絡協議会(広島市共催)では、「準備期間の関係で今回は1作品だけになったが、次回以降は複数の映画を上映するイベントにしていきたい」としている。

今回の上映作品は、2016年公開の「つむぐもの」(犬童一利監督)。脳腫瘍の後遺症で介護が必要になった和紙職人と、ワーキングホリデーでやって来た韓国人女性が、介護を通して心を通わせるというストーリーで、「登場人物を通して『介護の本質や魅力』を発信している」として選ばれた。

イベントの開始時間は午前10時15分からで(午前9時45分開場)、入場料は1人700円。詳しくは、市のホームページへ。

◎市のホームページ


ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 敦賀陽平】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 尿臭、食べこぼしのシミ…介護のお洗濯の悩みを解決!
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 食事でお悩みのご利用者に。少量でしっかり栄養補給

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます