「もしかしてMCI?」ケアマネの勧めで7割が受診


2019/05/13 16:00 配信   | 業界ニュース

認知症ではないものの、年相応よりも認知機能レベルが低い「軽度認知障害」(MCI)。早い段階での受診が重要とされるが、医療機関に行くことを嫌がる人も少なくない。ただし、ケアマネジャーが勧めれば、MCIの疑いがある要介護者の7割ほどが医療機関に行ってくれた―。そんな結果が、ケアマネジメント・オンラインの調査で示された。

ケアマネジメント・オンラインでは2月22日から3月3日にかけて、会員にアンケート調査を実施。625人から有効回答を得た。

■MCIかもしれない人に受診、「勧めたい」は86%
「MCIかもしれない利用者がいる場合、本人や家族に受診するよう勧めたいと思うか」と尋ねた質問では、51.0%のケアマネが「強く思う」と回答。「少し思う」(34.8%)と合わせると、85.8%のケアマネがMCIの早期発見の必要性を認識し、積極的に行動しようと考えていることが分かった=グラフ1=。




また、MCIが疑われる人に受診を勧めたいと答えたケアマネ(534人)のうち、実際に受診を勧めたことがある人は381人いた。この381人に受診を勧めた結果を尋ねたところ、68.8%は利用者が受診したと回答した。一方、ケアマネが勧めたにも関わらず、受診に至らなかったと答えた人は24.1%。その後の結果が分からないとしたケアマネは7.1%だった=グラフ2=。




MCIの人のおよそ5~15%は認知症に進行し、逆に16~41%は正常に回復すると考えられている。早い段階で対策を講じれば、認知症への進行を食い止めたり、遅らせたりすることができることから、早期の受診が重要とされている。



ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部 ただ正芳】

この記事を印刷する

スキルアップにつながる!おすすめ記事

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 食事でお悩みのご利用者に。少量でしっかり栄養補給
  • 尿臭、食べこぼしのシミ…介護のお洗濯の悩みを解決!
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます