うっ血性心不全患者の嚥下障害、「認知機能と栄養状態で予測可能」―東北大


2016/12/20 09:00 配信   | 業界ニュース

うっ血性心不全の急性増悪で入院した患者において、「認知機能障害」と「低栄養状態」が、入院時の摂食嚥下障害を予測する因子であることが、東北大学の上月正博教授のグループの研究によって明らかになった。

うっ血性心不全とは、心臓のポンプ機能の低下によって肺や下半身に体液が貯留し、肺水腫や下肢の浮腫が生...[記事全文を表示する]

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • ご利用者様の重大事故防止のためご確認をお願い致します
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます