認知症の治療に新たなアプローチ 小血管性認知症の発症機序の一部を解明 ―京大


2017/06/15 09:10 配信   | 業界ニュース

京都大学は、6月1日、同大医学研究科の研究グループが孤発性小血管性認知症の発症機序の一部を解明したと発表した。

家族の中に発病者がみられない孤発性の小血管性認知症では、高血圧や糖尿病などによる細い血管の動脈硬化によって血流が滞り、脳内の白質が障害されることで、認知機能の低下につながる。
今回、小...[記事全文を表示する]

今日は何の日?

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ご利用者の床ずれ防止をマットレスから考えてみませんか?
  • 知っておきたい高齢者の食事講座
  • ご利用者様の重大事故防止のためご確認をお願い致します
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 健康と笑顔をつくる3時間リハビリ型デイサービス
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください
ユーザ名
パスワード

ログインができない方

最近閲覧したニュース

お知らせ

ニュースに関する問合せ

お名前
お問い合わせ メールアドレス
お勤め先
電話番号
※送信後、受付完了メールが自動配信されます