おむつ基本講座「医療費控除制度」

医療費控除制度

医療費控除制度とは
医療費控除は、本人や同じ生計で暮らす家族が支払った医療費が1年間(1月1日~12月31日まで)で10万円、または年間所得が200万円未満の場合は5%を超えたとき、確定申告により税金の一部が還付される制度です。本制度の対象は納税者。家族の医療費は、同居以外に仕送りで扶養している親や子供も同じ生計とみなされます。


医療費控除の対象は、紙おむつや尿とりパッドなど。そのほか、以下のものが含まれます。詳細は地域の税務署へお問い合わせください。


【対象となる医療費控除一覧】
■医師・歯科医師等に支払った診療費、入院費、医薬品購入費
■通院時の交通費
■介護保険で利用した一部のサービス自己負担
■あんま、マッサージ等に支払った施術費
■義手・義足・義歯・松葉杖・補聴器などの購入費
■治療、療養のための衣料品の購入費
■療養上の世話を受けるための付き添い人の費用
■紙おむつ・尿取りパッド等の購入費用
■分娩費用
■骨髄移植推進財団に支払う骨髄移植のあっせんに係る患者負担金
■日本臓器移植ネットワークに支払う臓器移植のあっせんに係る患者負担金


【医療費控除を受けるために必要な書類】
■印鑑(申請者名義のもの)
■「おむつ」「パッド」を購入した際の使用者の氏名で発行された領収証
■おむつ使用証明書(1年目)
■おむつ代の医療控除に係る確認書(2年目以降)

「医療費控除」を受ける場合、1年目は医療機関の発行する「おむつ使用証明書」、
2年目以降は「おむつ代の医療費控除に係る確認書」で申告することができます。
医療費控除対象商品は、各商品の商品紹介欄に記載されておりますので、ご確認ください。




【医療費控除を受けられる条件】
■傷病によりおおむね6カ月以上にわたり寝たきり状態であると認められた方
  または、あると認められた方。
■当該傷病について、医師による治療を継続して行う必要があり、おむつの使用が
  必要と認められる方。
■本人またはその家族が税金を納付している方。
医療費控除申請の手続き方法
【1年目の医療費控除申請の手続き方法】
(1)医療機関で「おむつ使用証明書」の発行を受けます。
    証明書の発行日以降の紙おむつなどの購入代金が控除の対象になります。


(2)「おむつ使用証明書」の発行を受けた日から紙おむつ等の領収証を保管して
    ください。※「使用者の氏名で発行された領収証」が申請時に必要になります
    ので、必ず購入者ではなく使用者の氏名を備考欄にご記入ください。


(3)確定申告時に「おむつ使用証明書」と「領収証」を税務署に提出してください。


「おむつ使用証明書」


【2年目以降の医療費控除申請の手続き方法】
「おむつ代の医療費控除に係る確認書」は要介護認定者が、下記の要件を満たしている場合に、申請により保険者が発行するものです。



■おむつ代について医療費控除を受けるのが2年目以降であること
■「主治医意見書」の作成日がおむつを使用した当該年に作成されたものであること
■「主治医意見書」の「障害老人の日常生活自立度(寝たきり度)」が「B1・B2・C1
  ・C2」であること
■「主治医意見書」の「尿失禁発生の可能性」欄が「あり」となっていること
※2年目以降の手続きは1年目と同じですが、提出書類が「おむつ使用証明書」から
  「おむつ代の医療費控除に係る確認書」に変わるだけです。
おむつ・尿取りパッドの医療費控除について
商品パッケージに「(社)日本衛生材料工業連合会のガイドラインに基づく表示」と記載されている品名に「大人用紙おむつ」と記載されているものは、紙おむつ・尿取りパッドすべて医療費控除の対象になります。※商品の中には、医療費控除対象外の製品もあるため、購入する際はよくお確かめください。


「(社)日本衛生材料工業連合会のガイドラインに基づく表示」



保険者が実施している「おむつ支給助成制度」で支払った利用者負担金についても、医療費控除の対象となります。※詳しくは、各地域の保険者にお問い合わせください。


「おむつ使用証明書」の発行日前に購入したおむつ・パッド代は、「おむつ使用証明書」の必要期間欄の始期(注1)に記載されている年月以降におむつなどを購入していれば、医療費控除を受けられます。しかし、終期(注2)に記載されている年月を過ぎた場合の購入費については、医療費控除の対象外となります。


おむつ無料サンプルキャンペーン 今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。
今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!大好評!おむつ無料サンプルキャンペーン
リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。 リリーフ製品情報 リリーフは、使いなれた下着の心地よさを感じていただけるように、日々の使いやすさを追求しています。