おむつ実践講座

ケアマネジャー様 インタビューVol.3 訪問看護ステーション編

訪問先ご紹介サンプルの使用感についてケアマネジャーの立場から
写真:ケアマネジャー様

「あすみが丘ひまわり訪問看護ステーション」(千葉県千葉市)
管理者・所長/看護師/ケアマネジャー:大和田陽子さん

ギャザー部分の発想がいい! 背中の尿モレがなくなりました!!

キッカケは?

ご利用者様の中で、頻繁に尿モレが起きている方がいます。これまでに、さまざまなタイプのおむつを使ってみたのですが、一向にモレが治まらず、ご家族は尿モレについて諦めかけている状況でした。私たちはこの状況を何とか解決したいと悩んでいました。そんな時に、普段からチェックしているケアマネジメント・オンラインでおむつのサンプルキャンペーンの情報に目をつけ、キャンペーンに応募しました。

写真:ケアマネジャー様どのような方にお試しいただきましたか?

― 70歳/女性/要介護5
― 神経難病による寝たきり
― 大腿骨骨折により、足をあまり広げられない
― 誤嚥性肺炎で入退院を繰り返している
― 重度の認知症で、幻覚もあり
― 胃ろう
― 大変やせており、背中からの尿モレが多い
― 1回の排尿量が多く、排尿の勢いも強い
― 介護者のご主人も高齢(老々介護)
― 全身状態の管理と排泄介助のため、訪問看護サービス(医療保険)を毎日利用
― 訪問入浴サービスを1週間に2回利用

全身状態の管理のため、訪問看護サービスを毎日1時間利用しており、訪問看護師が排泄ケアも併せて行っています。訪問看護の費用は、ご利用者様が難病指定の特定疾患のため、自己負担金はありません。また、訪問入浴サービスを1週間に2回使われている以外は、ご主人の意向で、ご主人が介護されています。

今までの状況

排泄ケア製品は、テープ式のおむつと尿とりパッドを併用しています。パンツタイプのおむつは横向きに寝た姿勢だと、どうしてもモレてしまいますから、テープ式のおむつを利用しています。ご利用者様は非常に細身の体型なのですが、市のおむつ助成制度の中にSサイズのおむつがないため、仕方なく大きめのMサイズのおむつを使っています。そのためでん部から背中のスペースとおむつの間にすき間ができやすく、その隙間からモレが生じます。すき間をなくすのに、おむつの内側に押し込んでいるのですが、すき間がなくならず、尿モレは解消できていません。また1回の排尿量が多いので、パッドで吸収しきれないケースも多々あります。

試した製品は?

介助があれば歩けるセット
・テープ式にもなるパンツ ・モレ安心 肌さらさら尿とりパッド(昼用/夜用)

どうでした?

今回ご使用いただいて、印象に残った点は?
背中からの尿モレがなくなりました!

今回、2wayの「テープ式にもなるパンツ(旧:リハビリスタートパンツ)」をテープ式として利用してみたのですが、ギャザーの部分が背中にぴったりとフィットし、写真:ケアマネジャー様背中からのモレがなくなりました。だから、寝たきりの方にもテープ式に利用できる「テープ式にもなるパンツ」はありかなと思いました。ご利用者様は極度に細身のため、結局は脚まわりの脇の部分はフィットしきれずに隙間ができてしまい、脚まわりからのモレを完全には解消できませんでしたが、このギャザーの発想はおもしろいと感じました。従来のゴワゴワしたおむつと違って、やわらかさも十分です。サイズもコンパクトだし、吸収力も問題ありませんでした。

その後、取材に同席した「ふれあいダイヤル」の担当者が、このご利用者様の状態にあった改善プランを再度ご案内し、あすみが丘ひまわり訪問看護ステーションさんを通じて、尿モレ対策を実施。その後、「脚周りからのモレもなくなった!」と喜びの声を頂いております。

ページ 1 2 3
おむつ無料サンプルキャンペーン 今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。
今なら花王「リリーフ」3日分をお試しいただけます。この機会をお見逃しなく!大好評!おむつ無料サンプルキャンペーン
リリーフふれあいダイヤル 0120-062-110 介護サポートアドバイザーが悩み解決のお手伝いをします。 リリーフ製品情報 リリーフは、使いなれた下着の心地よさを感じていただけるように、日々の使いやすさを追求しています。