ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

介護アンケート

あなたはどこまで知っている?特発性正常圧水頭症(iNPH)に関する意識調査(1)

ケアマネジメントオンラインでは、1月下旬に「認知症を伴う病気に対するケアマネジャーの認識調査」として、特発性正常圧水頭症(iNPH)に関する意識調査を行いました。
高齢者に多い特発性正常圧水頭症(iNPH)は、歩行障害や尿失禁に加え、認知症の症状もあらわれることがわかっています。その原因は不明のところが多いものの、脳内の水を抜く(髄液の流れをよくする)ことで、症状が改善されることもわかっています。
今回は、耳慣れないこの病気についてのアンケート結果を、3回にわたってお届けします。

【調査概要】
調査方法 : インターネットリサーチ
調査地域 : 全国
調査内容 : 認知症を伴う病気に対するケアマネジャーの認識調査
調査対象 : ケアマネジメント・オンライン会員25~77歳のケアマネジャー
有効回答数 : 475サンプル(男性:208ss・女性:267ss)
調査日時 : 平成23年1月26日(水)11:00 ~平成23年1月27日(木)17:00
調査主体 : 株式会社インターネットインフィニティー

1:あなたは、歩行障害・認知症・尿失禁の症状が出る高齢者の水頭症で、『特発性正常圧水頭症(iNPH)』という疾患をご存知ですか?

特発性正常圧水頭症(iNPH)は、一般にはまだ耳なじみのない病名ですが、半数以上のケアマネジャーがすでにご存知でした。この中には、実際に当該疾患の方のケアプランを担当された方も多いのではないでしょうか。
しかし一方で、4割の方は「知らない」という結果に。特発性正常圧水頭症(iNPH)は「治る」認知症のひとつとして、今後ケアマネジメントを担当するうえで外せない情報となることが予測されますので、ご存知なかった方も、このアンケートを最後までご覧になり、紹介サイトを通じて情報を共有しましょう。

2:『特発性正常圧水頭症(iNPH)』についてあなたが知っていることを教えてください。(Q1で「はい」と答えた方)

特発性正常圧水頭症(iNPH)は、認知症の症状以外にも、さまざまなな特徴的な症状があわられます。結果をみると、すでにご存知のケアマネジャーの多くが、それらの症状についても、まんべんなく知っていることがわかります。そして、「治療によって改善する」ことをご存知の方も18%おられる一方で、「年のせい」と見過ごされていることが多いと感じているケアマネジャーも14%いました。

3:『特発性正常圧水頭症(iNPH)』については、どのようにしてお知りになりましたか?(Q1で「はい」と答えた方)

医療従事者からや研修会で、あるいは同僚からなど、仕事のなかでその存在を知った方が38%いました。また、テレビや雑誌、新聞などの「マスコミ」で知った方が38%、インターネットで調べるなどして知った方が14%いました。
「その他」の理由として、「該当する利用者がいる」と回答した方が23人、「家族・身内に該当者がいる」と回答した方も3人いました。このことからも、特発性正常圧水頭症(iNPH)がそれほど珍しい病気ではないことがわかります。

4:『特発性正常圧水頭症(iNPH)』について、いつ頃お知りになりましたか?(Q1で「はい」と答えた方)

特発性正常圧水頭症(iNPH)をご存知だった方の4割以上が、2年以上前から情報をキャッチしており、昨年(2010年)知ったと回答した人とあわせると、8割の人が知っていたことになります。
認知症治療は日進月歩に進化していますが、特発性正常圧水頭症(iNPH)も今後、アルツハイマー型認知症並みに多くの人の話題に上る日がくるかもしれません。

5:『特発性正常圧水頭症(iNPH)』について、もっと知りたいと思う情報はどんなことですか?(Q1で「はい」と答えた方)

特発性正常圧水頭症(iNPH)については、すべての項についてまんべんなく「知りたい」と考えていることが見てとれます。特に最近になってその病理が詳しく紹介されつつある病気だけに、症状や診断方法だけでなく治療方法、症状改善の方法などにも高い関心が集まっています。
一方で治療費用や入院期間など、病院が関与する情報への関心はやや低く、ケアマネジャーのかかわりが必須となる治療後の生活指導には関心が高いことがわかります。

6:現在、担当されているケースの中で、『特発性正常圧水頭症(iNPH)』(手術により改善しうる歩行障害・認知症)の疑いがあるご利用者様はいると思いますか?

約35%のケアマネジャーが「特発性正常圧水頭症(iNPH)が疑われる」ご利用者様がいると回答しました。これは、特発性正常圧水頭症(iNPH)について詳しく紹介したウェブサイトをご覧いただいた後の回答ですが、認知症状だけでなく、歩行や尿失禁などの症状のあるご利用者様を数多く担当されていることがうかがえます。

7:あなたは、認知症高齢者のケアプランを担当するとき、ご利用者様の疾病についてどのように情報収集を行っていますか?

一人ひとり症状の異なる認知症の場合、半数のケアマネジャーが、まずは身近にいるご家族や診断を行った主治医から情報を得るという「王道」の方法を選択していることがわかります。そのほか、インターネットや書籍等で自力で調べるという方が32%、主治医以外の医療従事者や専門家に意見を仰ぐという方も19%いました。

【おわりに】

いかがでしたか。たとえ認知症であっても、治せるものならば治したいというのは、ご本人やご家族はもとより、ほとんどのケアマネジャーさんの望みでもあります。しかし、複数の症状があらわれる特発性正常圧水頭症(iNPH)のような病気では、症例を扱いなれた医師も多いとはいえず、診断も難しいことが予想されます。
次回以降、フリーワードに寄せられた皆さんからの意見をご紹介していきます。どうぞお楽しみに。

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

介護アンケートの記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ