ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

介護アンケート

あなたはどこまで知っている?特発性正常圧水頭症(iNPH)に関する意識調査(2)

ケアマネジメントオンラインでは、1月下旬に「認知症を伴う病気に対するケアマネジャーの認識調査」として、特発性正常圧水頭症(iNPH)に関する意識調査を行いました。高齢者に多い特発性正常圧水頭症(iNPH)は、歩行障害や尿失禁に加え、認知症の症状もあらわれることがわかっています。その原因は不明のところが多いものの、脳内の水を抜く(髄液の流れをよくする)ことで、症状が改善されることもわかっています。前回、アンケートの集計結果を発表しましたが、今回からは、皆様から寄せられたコメントをご紹介します。

【調査概要】
調査方法 : インターネットリサーチ
調査地域 : 全国
調査内容 : 認知症を伴う病気に対するケアマネジャーの認識調査
調査対象 : ケアマネジメント・オンライン会員25~77歳のケアマネジャー
有効回答数 : 475サンプル(男性:208ss・女性:267ss)
調査日時 : 平成23年1月26日(水)11:00 ~平成23年1月27日(木)17:00
調査主体 : 株式会社インターネットインフィニティー

設問:担当ケースのなかに、『特発性正常圧水頭症(iNPH)』(手術により改善しうる歩行障害・認知症)の疑いがあるご利用者様はいますか?
疑われる利用者さんがいます!

実際に歩行障害、尿失禁が常時みられる方で、高次脳機能障害の診断のでなかった方がいたので、もしかしたらiNPHなのでは?と思いました。(神奈川県 男性)

いままで認知症と思っていた方が、もしかしたら水頭症かもしれないと思うことがある。(千葉県 男性)

歩行障害としてパーキンソン様の歩行の方がいます。実際、特発性正常圧水頭症と診断された方を見ていないので、歩行の状態が区別できるかどうかがわからないです。今まではあまり意識していなかったので、機会があれば勉強会など参加していきたいと思います。(岐阜県 女性)

本人が「なぜか上手く歩けなくなった」と言い、歩行障害がよく似ている。近くの病院で『新たに脳梗塞を起こしているかもしれない』と頭部CTを撮ったが、20年ほど前の梗塞後、目立った梗塞はなかった。ただ、時期を同じくして「物盗られ妄想」や「幻覚」も出現したため、別のタイプの認知症かもしれない。(鹿児島県 女性)

シャントを作成した高齢者に何かのきっかけで歩行障害やいつもと違った物忘れ症状などが現れる人もいます。その人がこの病気なのか……。(茨城県 女性)

認知症が急に進んだ方がいて、転倒による血腫か正常圧水頭症の可能性がなしとはいえないと感じている。独居で身寄りのない方なので、病院に連れて行く決断をするのがケアマネジャーである私にかかる状況。近いうちに連れて行こうかと思っている。(東京都 女性)

1、2カ月前あたりから急に動けなくなり、認知症のような症状が出てきている。病院を受診したが、特に悪いところはないと言われた。歩行困難になり、最近では尿失禁も頻回になってきた。横になっていることが多くなった。(千葉県 女性)

急に歩行が悪くなった利用者がiNPHか脳腫か・・・他の認知症かと考える。(広島県 女性)

INPHの3徴候は加齢に伴って現れる症状もあり、ケアマネ個人での判断はかなり難しいことと、利用者及びご家族への説明に関しても、もう少し勉強しなくてはいけないと思う。(神奈川県 女性)

担当する利用者さんが、「単なる認知症ではない」症状だったり、また特発性正常圧水頭症に当てはまる症状があると気づいたケアマネジャーさんも、かなりいらっしゃいました。疑われる症状だと思ったときに、ケアマネジャーがどこまで関われるかは、個々のケースや周辺環境によって異なることが予想されます。しかし、「医療はわからない」「ナースケアマネじゃないから……」と尻込みしているだけでは、何ごとも進展しません。まずはケアマネジャー自身が、該当する症状の疾病について正しい情報を持つことが求められます。

当該利用者さんのケースを経験

手術に耐えることができないとの医師の診断で、通院によって液を抜いていました。その結果、付き添いや手引き歩行を必要としていたご利用者が会話の受け答えがスムーズになり、軽度の手引き歩行で移動が可能になって、明らかな変化が見られました。(岐阜県 女性)

以前に水頭症があり手術をしたけど思ったよりも改善しなかったケースもあった。 認知症について家族が長年思い悩んでおり、脳の萎縮もあり認知症も進んでいたため、タイミングも重要だと思った。早期に相談すればもっと改善や維持ができたかもしれない。(宮崎県 男性)

8年前に正常圧水頭症の利用者様に出会い、いろいろな経験をしましたが、医療に関しては医療におまかせするしかありません。また、その方は、認知症も併発されていたので……。いたずらに、「治る治る」と言わないで欲しいと思います。(大阪府 女性)

「医師から、手術が必要になるかもしれない」と言われたと本人がびくびくしています。(鹿児島県 男性)

実際に水頭症の方のプランを作成しております。認知症の方が多いのですが、いろいろな種類の認知症の方の症状を見極めることが次のケアの参考になります。(東京都 女性)

認知症には、脳の委縮などの器質的な障害によるものもあるが、外圧などによって一時的に脳内血流が悪くなることによって認知症の症状が出た方がおられた。(兵庫県 男性)

5年ほど前、正常圧水頭症の利用者さんを受け持ち、寝たきりで認知症ありで、ご家族が主治医に相談したが、バルブはもういっぱいに開けているのでこれが限界といわれ、しばらくのちに亡くなった。正常圧水頭症や硬膜下血腫など治療すれば改善する認知症があることを、もっと一般的に知ってもらえたらよいと思う。(兵庫県 男性)

脳神経外科で手術したが、歩行障害が改善せず対応に苦慮した。(宮崎県 男性)

現在、水頭症と診断されているご利用者がおり、手術後、著しい改善がみられている。(千葉県 女性)

認知症と診断されていた利用者さんでiNPHの方がいました。この方の場合は娘さんが熱心なご家族で、たまたまテレビで見た症状がお父さんの症状と似ているということから、総合病院での受診→診断→治療という形になりました。家族からもらう情報は大きいと感じました。(神奈川県 女性)

手術をしたが、現在のところADLや認知症の症状に変化は見られない。(埼玉県 男性)

以前、「水頭症」であろうと専門医から診断された利用者がいましたが、脊髄が曲がっているせいか、狭いせいか検査ができず、手術もできませんでした。どんな人でも何らかの方法で検査できる方法があるのでしょうか?(埼玉県 女性)

正常圧水頭症の手術後歩行が改善したが、また歩行困難が出ている人がおり対応に苦慮している。(兵庫県 男性)

認知症症状と意欲低下、尿失禁等があり、認知症疾患医療センターの受診を勧めました。鑑別診断をしていただいたところ、上記診断により入院治療をしています。家族も病状説明を聞いて接し方も変化しました。今後の支援方針も変わり、認知症の早期受診と診断は大事であると考えます。(神奈川県 女性)

現在、特発性正常圧水頭症と診断された方がおられますが、手術をすることのリスクと高齢であることを考え、ご家族が手術を拒否されています。医師も手術に関して積極的ではないため、どうすることもできません。(大阪府 女性)

以前担当していた利用者が2009年にこの診断を受け手術し改善しています。(北海道 女性)

実際に特発性正常圧水頭症(iNPH)の症状のある方を担当されたことのあるケアマネジャーさんが、こんなにも多いことに驚いています。なかには、手術をして劇的に症状が改善された方もいますが、手術まで至らなかった方、手術して一度は改善したけれど再び悪化している方、そして手術しても改善しなかった方もいるようです。
専門医による早期発見やご家族の理解など、最善の手を尽くしても治るとは限らないのが、こうした病気の難しさです。

【おわりに】

すでに当該ケースを担当した経験のある方が多いことに驚きましたが、同時に「疑いがあっても、どうすることもできない」という回答も数多くいただき、ケアマネジャーとしてどこまで関わるべきか悩み、戸惑っている様子もうかがえました。
特発性正常圧水頭症(iNPH)が原因で起こる症状(認知症、歩行障害、尿失禁など)は、「年のせいだから」と見過ごされがちです。しかし、髄液をシャントにより排出すれば、改善する可能性の高い病気でもあります。

ケアマネジャーとしてできることは、便利なサイトなどを利用して情報を集め、いつでも正しい情報を正確に伝えられるよう準備しておくことではないでしょうか。次回は皆様から寄せられたコメント、その2をお届けします。

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

介護アンケートの記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ