ケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンラインケアマネジャー(ケアマネ、ケアマネージャー)・介護支援専門員の業務を支援するケアマネジメントオンライン

今さら聞けない基礎知識

ケアマネジャーに役立つ資格「老人福祉指導主事」

ケアマネジャーは複数の資格保有者が多く、ある調査によるともっとも多いのが、介護支援専門員+介護福祉士、次に介護支援専門員+看護師・準看護師、介護支援専門員+ホームヘルパー(1級・2級)、介護支援専門員+社会福祉士だといいます。
そこでケアマネジャーが、介護支援専門員以外に保有している資格や、スキルアップを図るため、取得を目指す資格について紹介します。今回は老人福祉指導主事です。

資格の概要

老人福祉のスペシャリストであり行政の専門職

老人福祉指導主事とは

老人福祉指導主事とは、福祉事務所*1で老人福祉に関して事務所員に技術的指導を担当する専門職です。自治体が設置する福祉事務所には、老人福祉指導主事が人員要件となっています。
しかし現在、老人福祉指導主事のみとしての任用資格は認められておらず、社会福祉主事の資格を有していれば、あとは福祉事務所内での配置上の都合で、老人福祉を専門に扱う人が老人福祉指導主事と名乗ることが多いようです。

老人福祉指導主事は老人福祉に関する情報提供、相談、調査、指導、給付などが主要な業務であり、たとえば生活保護を受けている要介護高齢者などに対して、介護保険との調整を図って介護扶助の給付手続きなどを行います。ほかにも介護保険外での老人ホームへの入所相談や手続き業務、ヘルパーの派遣や日常生活用具の給付などに関する指導業務と、福祉職員への技術的指導などを行うスペシャリストであり、日本の老人福祉のなかでは欠かせない役割を担っています。

「それってケアマネと同じ……」と思われるかもしれません。確かにケアマネジャーと業務内容は限りなく近いものですが、前者が介護保険法でのみ認められる資格であるのに対し、老人福祉指導主事は老人福祉法全般に基づいた援助を行います。そして、公務員であることも前提条件となります。

*1 福祉事務所とは、都道府県、政令指定都市、市区町村などに配置された福祉活動を推進するための行政機関で、福祉六法に基づいた援助を行う。市区町村においては市町村の福祉部・福祉課がそれに当たる。

資格の取得方法など

社会福祉主事資格が前提、さらに公務員試験とハードルは高い

資格の種類

任用資格(要・社会福祉主事任用資格)

資格の名称

老人福祉指導主事

資格取得方法

老人福祉指導主事は、福祉事務所で働く地方公務員で、社会福祉主事任用資格が必要とされているほか、老人福祉行政推進の中核となるにふさわしい者としての資質が求められます。なお、社会福祉主事任用資格については、こちらをご覧ください。

資格の活用例
実績を認められて任用されることも

老人福祉指導主事は、福祉事務所の老人福祉にかかわる部門で現業員(ケースワーカー)とともに配置されています。
まず社会福祉主事任用資格を取得したうえで、自治体が行っている公務員試験に合格する必要があります。合格して公務員となってもすぐに名乗れるわけではなく、行政一般の仕事に携わってから、希望を出して老人福祉指導主事の仕事に就くというのが一般的なようです。

スキルアップにつながる!おすすめ記事

このカテゴリの他の記事

今さら聞けない基礎知識の記事一覧へ

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

無料会員登録はこちら

ログインできない方

広告掲載・マーケティング支援に
関するお問い合わせ